レビュー

コマ大戦で優勝した由紀精密製のコマは3分以上も静かに高速回転可能


2月2日に横浜で行なわれた「全日本製造業コマ大戦」で優勝を納めた由紀精密が製造する「SEIMITSU COMA」は、2センチに満たない小型サイズながら約3分以上も回転し続けるという強力なコマ。人工衛星の部品製作なども手がける同社の精密加工技術の粋を集めて制作されたおもちゃの域を超えた本気仕様となっているようなので、本当に長時間安定して回すことができるのか実際に購入して確かめてみることにしました。

購入は「BRANCH」のウェブサイトから。お値段は税込み840円で、送料は全国一律350円。10個まとめ買いすると1つ735円になります。


こんな感じで封筒に入って到着。


今回は3個購入しました。


袋にはジッパーが付いているのでピッタリと閉めて保管しておけば中身がなくならず安心。


袋から出してみました。指の先に乗るほどの小ささです。


10円玉と比べるとこれくらいの大きさ。素人目にも、このサイズで金属を精密に加工するのは難しいであろうことが想像できます。


重量は1つ約3グラム。


3つ並べてみました。ステンレス製なので銀色に鈍く光っており、机や棚の上に飾っておいても違和感がないくらい整ったデザイン。


持ち手の部分には一つ一つで職人による手作りで溝が入れられています。


回転軸から同心円状に付けられた段差を発見。この辺りの構造が長時間回転し続けられる秘密なのかも知れません。


回転時に床と接する部分はこんな感じ。先端は指を押しつけると痛いくらい鋭利です。


先端部分を真上から見てみました。寸分の狂いもなく円の中心が尖る様に作られています。


回す際は以下のように指先でつまんで、勢いよくひねります。


実際に回っている様子です。


軸が床と垂直になるとまるで静止しているかのように見えてしまうほど安定して回転を続けます。


で、どれほど長く回転させ続けることができるのか、というのが確かめられるムービーは以下です。あまりの安定感に「止まっているのでは?」と思われるシーンもありますが、ストップウォッチで計測を始めてから止めるまでの間の全ての時間、コマは回転し続けています。なお、力一杯回すとコマがうなりを上げるのですが、ムービーの冒頭ではその様子も確認できます。

静止しているかの様な安定感で3分以上回り続けるコマ - YouTube


ネットで手軽に購入できるものながら日本の製造業の底力を体験できる製品となっているので、自分の手で回してその技術を体感してみたいという人は要チェックです。

・関連記事
ステンレスの端材で作られたエヴァンゲリオン零号機を工場まで行って撮影してきた - GIGAZINE

高速回転するイカ干し機vs命がけの戦いを挑むネコ - GIGAZINE

川の中でくるくると回転する謎の円形の氷 - GIGAZINE

レーザーでチョコに精密な模様を描き出す技術が登場、イラストだけでなく写真もほぼ完全に再現可能 - GIGAZINE

回転ドアを使ったクレバーな牛乳の広告 - GIGAZINE

in レビュー,   動画,   デザイン, Posted by darkhorse_log