ネットサービス

サウンドエフェクトを自分で細かく設定して作り出すことができる「Bfxr」

by wblo

サンプルをもとにして、スライダーを動かすだけで自分好みのサウンドエフェクト(SE、効果音)を作り出せるネットサービスが「Bxfr」です。マリオがジャンプする音やコインを取ったときの音は、たとえゲーム中でなくても聞けばすぐにそれとわかりますが、ああいったものを自分で簡単に作り出すことが可能です。

Bfxr. Make sound effects for your games.
http://www.bfxr.net/

ブラウザ上で動作させるにはAdobe AIRが必要です。また、スタンドアローン版もあります。


画面左上に並んでいる「Pickup/Coin」などのボタンはそれぞれの状況に応じたオーソドックスな音を設定するボタン。


そこから自分でいろいろ細かい調整をしていき、1つしかない効果音を作り出せるというわけです。設定可能な項目は30にものぼります。


デフォルトで「Play On Change」にチェックが入っていて、設定を変えるとすぐに音が鳴るようになっています。現在の設定でどんな音が鳴るのかを確かめながら、細かく設定を詰めていくことができます。


調整途中のファイルは独自のbfxrsound形式でローカルに保存が可能なほか、完成したらWAV形式でエクスポートして汎用的に使用できるので、自分でゲームを作っているような人は重宝するのではないでしょうか。

・関連記事
音を生み出すプロが語る「アニメ効果音の現場とこれからの音響効果」 - GIGAZINE

ゲームの「音屋さん」になるための心得、タイトー「ZUNTATA」インタビュー - GIGAZINE

2万4000以上のゲームミュージックが大量にダウンロードできる「VGMusic」 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logc_nt