ソフトウェア

Windows 8のブルースクリーン・オブ・デスは顔文字で少しかわいくなった


Windowsに致命的なエラーが発生したときに遭遇するあの心臓に悪い「青画面」、海外ではブルースクリーン・オブ・デス(Blue Screen of Death、略してBSoD)と呼ばれていますが、先日から開発者版が無料ダウンロード可能になった「Windows 8」ではほんの少しだけ改善されたようです。

以下が現在報告されているWindows 8のブルースクリーン・オブ・デス。

The new blue screen of death? #Windows8 on Twitpic


And we have our first #Windows 8 #BSOD! (via @arnoldkim) | Flickr - Photo Sharing!


Windows 8 BSOD | Flickr - Photo Sharing!


なお、この「: (」というのは海外の顔文字で、時計回りに90度回転させると「困った」というような表情になります。

もしかすると日本語版のWindows 8では「Σ(゚Д゚)」「(´・ω・`)」「J( 'ー`)し」「(*´∀`)σ)*´д`)プニ」「\(^o^)/」などになるのかも。

・関連記事
Windowsのブルースクリーンを再現するスクリーンセーバー - GIGAZINE

ブルースクリーンで強制終了した原因を解析して教えてくれるフリーソフト「BlueScreenView」 - GIGAZINE

Windows Vistaのエラーは「レッドスクリーン・オブ・デス」 - GIGAZINE

パソコン画面がビキビキにぶっ壊れた感じになる壁紙 - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by darkhorse