分厚い本や雑誌をサクサク切断、電子書籍化に便利な大型ペーパーカッター


タブレット端末やスマートフォンなど、電子書籍に対応したモバイル機器が普及するにつれて、手持ちの本を裁断してスキャンする「自炊」と呼ばれる方法が注目を集めています。

しかし通常の裁断機では本が分厚くなるにつれて、どんどん裁断しづらくなるわけですが、分厚い本や雑誌でもサクサク切れる大型裁断機「A4サイズペーパーカッター」が発売されることが明らかになりました。

大型裁断機 NV-BC100U ノバック


外付けHDDケースなどでおなじみのパソコン周辺機器メーカー、NOVACの公式サイトによると、7月8日から大型裁断機「A4サイズペーパーカッター NV-BC100U」を発売するそうです。市場想定価格は1万5800円。

これが本体。最大310mm(A4長辺、A3短辺)の長さの本や紙を裁断できるモデルで、重さは約17Kg。従来の裁断機よりとは大きく異なり、普通コピー紙400枚以上、最大40mmの厚さの紙を1度でキレイな切り口でカット可能。安全レバーのロックを解除しないとカットできないようになっているため、初心者でも安心して利用できます。


オプションの交換用替え刃は3500円。切れ味が鈍くなっても大丈夫です。


交換用受け木も3500円で販売されています。

・関連記事
本を裁断せずに電子書籍化できるスキャナ「Simply Scan A3」が登場、ただし若干難あり - GIGAZINE

Amazon.co.jpが注文ごとに本を印刷して配送する「プリント・オン・デマンド(POD)」を開始、1冊から対応 - GIGAZINE

USBバスパワー駆動で軽量、安価なモバイルスキャナ「MobileOffice S400」が販売開始される - GIGAZINE

0

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log