ハードウェア

ScanSnapシリーズ最小、持ち運び使用にも便利なドキュメントスキャナ「ScanSnap S1100」新発売


個人向けドキュメントスキャナ「ScanSnap」シリーズの最新モデル「ScanSnap S1100」が、11月20日(土)から発売されることが明らかになりました。

ノートパソコンと一緒に持ち歩けるほどコンパクトでスリムなボディなので、場所を選ばず書類をデータ化することが可能となっています。

製品詳細は以下から。PRESS RELEASE 世界最小クラスのドキュメントスキャナ 「ScanSnap S1100」を新発売 | PFU

A4原稿の読み取りに最小限必要なサイズに機能を凝縮したことで、「Scansnap」シリーズ最小のコンパクトな筐体(273mm×47.5mm)を実現したとのこと。USBケーブルでのバスパワー駆動が可能となっているため、実際に持ち運んで使う際にもストレスなく使えそうです。片面読み取りタイプですが、連続して原稿を送る「連送給紙機能」の搭載によって、両面・複数枚の原稿でもスムーズにスキャンできるようです。


Evernote」や「Google ドキュメント」、「Salesforce CRM」とも連携し、クラウド上で読み取りデータを管理することも可能。また、一般的な紙だけではなく、会員カードなどで使われるプラスチックカードの読み取りもできるようになっています。


片面A4カラー300dpiまでの紙面なら、A4サイズで8枚/分の原稿送り速度に相当する7.5秒/枚の高速読み取りが可能。読み取り時にScanSnapシリーズ共通の自動化機能があらかじめ設定されているので、これまでの「Scansnap」同様ワンプッシュでスキャンすることができます。


メーカー直販サイトPFUダイレクトでの価格は1万7800円となっています。

詳しい仕様などはこちらのページから見ることができます。
ScanSnap S1100 仕様/環境/添付品 : 富士通


・関連記事
複数枚を一気に連続スキャンする「ScanSnap S300」の大きさ比較をしてみた - GIGAZINE

「ScanSnap S300」でどのような設定が可能なのかを詳細に見てみる - GIGAZINE

「ScanSnap S300」の連続スキャン速度検証ムービー - GIGAZINE

ヨドバシカメラが電子書籍を「自炊」する方法を紹介した特設ページを公開 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log