NTTドコモが「iPhoneの提供は考えていない」と正式に回答

by Yutaka Tsutano

NTTドコモがiPhoneを導入するのかどうか」という議論はiPhone 3Gの登場以来、延々と行われてきましたが、ついに結論が出ました。

少なくとも現時点でNTTドコモがiPhoneを導入する予定はありません。

その理由など、詳細は以下から。
NTTドコモ広報部に編集部が問い合わせたところ、本日行われたNTTドコモの株主総会において寄せられたiPhoneの導入予定についての質問に対して、辻村副社長は以下のように回答しています。

ドコモはiモードをご利用いただいているお客様がスマートフォンへ移行された際にもiモードで実現しているサービスを提供していきたいと考えているところ、iPhoneではそれが不可能であるため、iPhoneの提供は考えていない。

つまりAndroidスマートフォンにはiモードのサービスを組み込むことができるものの、iPhoneではそれが不可能であるため、NTTドコモはiPhoneを導入しない……ということになります。

世界市場に続き国内市場でもAndroidスマートフォンがiPhoneのシェアを上回ったこともあっての発言とも考えられますが、iモードというプラットフォームを自ら推進してきたNTTドコモと自社のプラットフォームを垂直統合型で提供することを望むAppleの利害が一致することはついに無かったようです。

・関連記事
「我々の使命は最新OSをお届けすることに加え、日本独自の機能を入れていくこと」、ドコモの山田社長がAndroidのバージョンアップについて言及 - GIGAZINE

Appleが自ら「SIMロックフリー版iPhone 4」の販売に乗り出す、シェア拡大へ本格シフトも - GIGAZINE

KDDIの田中社長、「CDMA2000版iPhone」の導入に対して「ノーコメント」と回答 - GIGAZINE

「iPhone」の独占販売契約が全世界で終了、世界各国の携帯電話会社にチャンス到来中 - GIGAZINE

ソニーがAndroidスマートフォン向けに音楽配信サービスを提供開始、BRAVIAやPS3、PSP、VAIOなどでも利用可能 - GIGAZINE

実質1~2万円台のモデルが大半、NTTドコモが2011年夏モデルスマートフォンの価格を明らかに - GIGAZINE

0

in 取材,  モバイル, Posted by darkhorse_log