ハードウェア

見ているものをそのままHD画質で記録できる「サングラス型ビデオカメラ」が登場


レジャーなどの際にカメラで自分の見ている風景を録画しようとすると、どうしてもカメラを自分の目の高さにまで持ち上げる必要があるため、カメラに気を取られて肝心のレジャーを楽しめない……ということが起こりがちですが、自分が見ているものをそのまま映像として記録できる「サングラス型ビデオカメラ」が登場しました。

通常のメガネタイプではなく、サングラスタイプとなっているため、日差しの強い夏や雪焼けになりかねない雪原などで活躍しそうです。
サンコーレアモノショップ【サングラス型ビデオカメラ】釣り、スキー、サイクリングなどで感動の瞬間をハンズフリーでHD撮影可能!

これが「サングラス型ビデオカメラ」です。価格は5980円。


正面。ちょうど眉間の部分に500万画素カメラを搭載しているため、装着したユーザーが見ているものをそのまま1280×720、最大30fpsのHD動画(AVI形式、データ量は10分ごとに約1.4GB)や4032×3024の写真として撮影可能。ボイスレコーダー機能も備えています。


着けてみた場合のイメージ。なぜか名探偵コナンの犯人を思い出してしまうシルエットです。


後ろから見たところ。偏光レンズを採用しています。


「HD 720P」の文字


本体左側上部には再生、一時停止ボタンとシャッターボタン


下部には最大32GBに対応したmicroSDカードスロット、USB miniB端子、マイクなどを備えています。


収納できる専用ポーチも付属


パソコンとの接続時はこんな感じ。なお、充電時間は4~5時間でバッテリー駆動時間は2時間。

・関連記事
800万画素でHD動画も撮影できる手のひらサイズの超極小カメラ「小っせいなぁ~CAM DX」登場、重さはなんと14グラム - GIGAZINE

扇風機付きの傘「ファンブレラ(Fanbrella)」が登場、暑くてジメジメした梅雨でも快適に - GIGAZINE

部屋に眠る「カセットテープ」をMP3に変換できる安価なプレーヤーが登場 - GIGAZINE

「マイ歯ブラシ」を持ち歩く人に最適、繁殖しがちな雑菌をほぼ死滅させる「USB歯ブラシUVケース」 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log