×
取材

濃くてリアルな人相の足指や歯ブラシをそのまま立体化した「むっちり村」関連グッズ


アニメーターの谷口崇さんが制作したシュールな短編アニメを収録した同氏の公式サイトと同名のDVD「むっちり村」、そしてTwitterにあやかって作られたアニメ作品「つぶやき隊」関連のプライズが登場することとなり、第24回プライズフェア会場に展示されていました。

独特の濃くてリアルなタッチのイラストはぬいぐるみやストラップとなってもその持ち味を失わず、むしろ個性が際立ちまくっていて、じっと見ているとちょっと不安になってくるのに、なぜか目が離せなくなるものばかりです。

あまりなでたくないぬいぐるみや、つけたらモバイル機器が雰囲気的に負けてしまいそうなストラップは以下から。シュールな自主制作アニメ「むっちり村」関連プライズのコーナーには存在感イラスト入りの旗が並んでいました。こちらはサイト名と同名のオムニバスアニメDVD「むっちり村」のもの。


池袋のとある店舗に「むっちり村」プライズを入荷してみたところ、何やら特定の作品を思わせる「海賊フィギュア」の景品と比べてやや高いインカム(ゲーム機に投入された硬貨の数、すなわち売り上げ)のパーセンテージをはじき出したそうです。「リア充必至!なぜか(?)ギャルにモテモテ」と書いてあるので、キモかわいいキャラが好きな女性に受けているのかもしれません。


2011年8月登場予定の「むっちり村 フェイスラバーストラップ」


「茂雄はハンサム」の茂雄


「むきだしの光子」の主人公・光子


同じく「むきだしの光子」から自由の国の使い


「森の安藤」の熊


パッケージに入っているとより威圧感が増すというか、もし仮に友人がこのストラップを携帯などにつけていても「それ、何?」とはうかつに聞けない雰囲気を醸し出しています。


こちらは2011年12月発売予定の「むっちり村 マスコット~森の安藤編~」。「森の安藤」冒頭でクマにハチミツをなめられまいとするミツバチ。


森のリーダー的存在のカメ


やたら存在感だけはある魚


Twitterをモチーフに物や人がつぶやきまくるというコンセプトのDVD「つぶやき隊」に登場するキャラクターもプライズ化されました。


2011年10月登場予定の「つぶやきマスコット」


頭に取りつけられているヒモとマスコット部分の大きさが明らかに釣り合っていない「犬さん」


アニメではこんな雰囲気。


やたら濃い顔の陰影までしっかりプリントされています。


実際に生産ラインに乗った時には70パーセントくらい縮小されるのだとか。プロトタイプとはいえ、なぜだいぶ大きめに作られてしまったのか……。ただ、ヒモさえ伸ばせばこれくらい大きい方が迫力があっていいのかもしれません。


「きゅうりさん」のマスコットはヒモとつりあった小ぶりなサイズ。


アニメ本編ではこんな感じ。


自身の「イボイボ」について気にしていましたが、マスコットになったのでそのあたりは表現が難しかったようです。


2011年11月登場予定の「つぶやき隊 ラバーストラップ」


パッケージに入った状態だとこんな感じ。


足指さん


鳩さん


歯ブラシさん


ブースではひたすらアニメが流れていましたが、このグッズを入荷した店舗に販促用のDVDとしてついてくるものだとか。周囲にかわいいぬいぐるみなどがひしめく会場でひときわ異彩を放っていて、「一体何なんだ」と結構見入ってしまったので、そういう意味では効果がありそうです。DVDに収録されている作品の一部はYouTubeでも見ることができるので、気になる人は見てみてください。


ちなみに今回紹介したプライズは現在監修中のため、完成形とは異なる可能性があります。

・関連記事
【GIGAZINE独占先行配信】昔話の登場人物がバカばっかりな「バカ昔ばなし」アニメ化、「キャプテン地蔵」を公開 - GIGAZINE

マッスル3兄弟の日常をコミカルかつシュールに描く「進め!ガチムチ3兄弟」、6月2日から無料配信スタート - GIGAZINE

マイケルが「ポオオォォォオウ!!」と絶叫するあの伝説のゲーム「マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー」のすべてを理解できるムービー - GIGAZINE

in 取材,   アニメ, Posted by darkhorse_log