ソニーが「PlayStation Network(PSN)」および「Qriocity」ユーザー情報流出の可能性を認めて注意を呼びかけ、一部機能はセキュリティを強化して再開へ


4月21日から「PlayStation Network(PSN)」にアクセスができない状況が続いていますが、先日セキュリティを強化する必要があり、復旧には時間がかかると発表していたソニーが「PlayStation Network」および「Qriocity」ユーザーの個人情報が流出した可能性があることを発表しました。

流出した可能性がある情報の中には住所やパスワード、クレジットカードに関する情報などの重要なものも含まれるとしており、現在停止中のサービスについては、セキュリティを強化した上で一部のサービスを近いうちに再開するとしています。

※日本法人の公式ページにも注意喚起が掲載されたことを追記しました。

詳細は以下から。
Update on PlayStation Network and Qriocity ? PlayStation Blog

ソニーのアメリカ法人が公式ブログ「PlayStation Blog」で発表した内容によると、4月17日~19日にかけて、「PlayStation Network」および映像・音楽配信サービス「Qriocity」のネットワークへの不法な侵入が行われたことが明らかになったそうです。

この事態を受けてソニーは「PlayStation Network」「Qriocity」のサービスを停止し、完全な調査を行うために外部のセキュリティ企業と契約したとのこと。そして現在、個人情報の保護をよりいっそう高めるため、より強固なセキュリティを実現するネットワークインフラを再構築中であるとしています。

なお、詳細については現在も調査中ですが、ソニーは「PlayStation Network」「Qriocity」ユーザーの名前、住所、国、メールアドレス、誕生日、同サービスを利用するためのパスワード、オンラインID、購入履歴、請求先、パスワードセキュリティに対する回答を含むデータが流出した可能性を否定しきれないとしており、クレジットカードの番号が有効期限が取得された可能性についても言及。

その上で「ソニー本体からユーザーにクレジットカード番号や社会保障番号、個人を特定できる情報などを問い合わせることはない」としており、詐欺に対して注意を呼びかけているほか、「PlayStation Network」「Qriocity」のサービスが再開された場合、ユーザーIDやパスワードを変えることを強く推奨しています。

また、気になるサービスの再開時期ですが、現在セキュリティの強化に取り組んでいるソニーは一部のサービスについて復旧の見通しが立ったとしており、「1週間以内に回復させる予定である」とコメントしています。

PS3のプロテクトを解除したことでソニーから提訴されたことを不服として、4月上旬にPSNに対する攻撃を行い、今後PSNが復旧した際にはさらに攻撃を加えることを表明している「Anonymous」と呼ばれるハッカー集団は、「今回の障害はソニー内部の問題である」として関与を否定していましたが、はたして本当に関係が無いのでしょうか……?

・11:08追記
ソニー・コンピュータエンタテインメントの日本法人もユーザーへの注意喚起を掲載しました。

PlayStation Network/Qriocity をご利用の皆様へのお詫びとお願い

・関連記事
人気沸騰の「エルシャダイ(El Shaddai)」発売を記念した「El Shaddai CAFE@中目黒LOUNGE」オープン決定、体験版も配信開始 - GIGAZINE

次世代PSP「NGP」で現行PSPのUMDソフトはどうなるのか、ソニーに直接聞いてみました - GIGAZINE

次世代PSP「NGP」は「適性価格」に、Wi-Fiモデルと3G+Wi-Fiモデルが展開される予定 - GIGAZINE

ソニー、PS3と「torne(トルネ)」がセットになった「HDDレコーダーパック」を値下げへ - GIGAZINE

0

in ネットサービス,   ゲーム, Posted by darkhorse_log