×
サイエンス

メガネ派に朗報、永久に効果が持続するくもり止めが開発される

by mod as hell

寒いところから温かい室内に入った時、はたまたアツアツのラーメンをすすろうとしたその瞬間、メガネが真っ白にくもってしまって居心地の悪い思いをした経験のある人は多いのではないでしょうか。

そんなメガネ愛好家の悩みを解決する、永久に効果が持続するくもり止めが開発されました。一度かけると永久的に効果は持続し、メガネ以外にも車のフロントガラスやカメラのレンズなど、さまざまな物に対応しているそうです。

永久に持続するくもり止めの詳細は以下から。'First-ever' permanent anti-fog coating developed

カナダ・ケベック州にあるLaval大学で、永久に効果が持続するくもり止めが開発されました。これで、メガネがくもって何となく恥ずかしい思いをすることはなくなるかもしれません。

今回発明されたくもり止めは、メガネの他にも車のフロントガラスやカメラレンズなど、透明なガラスやプラスチックの表面にかければ永久に効果を発揮するとされています。

くもり止めの主成分は、水滴を分散させる化合物のポリビニルアルコールです。しかし主成分のポリビニルアルコールよりも先に、表面には大気圧プラズマの作用でシリコン分子の4つの層が付着します。これらの層は互いに接合するだけでなく、アルコールとも結合し、コーティングの耐久性をさらに高めます。

すでにさまざまなくもり止めが市販されていて、効果の持続をうたっている物もありますが、Laval大学の研究者は、現存の商品は繰り返し洗うと取れてしまうので、定期的にかけ直さなくてはいけないことを指摘しています。大学は主力メガネメーカーとくもり止めについて商談を行っていて、その企業は技術のライセンスを取得することにも関心を持っているとのこと。

メガネを日常的にかける上で、温度差でくもってしまうのは地味ながらも大きなネックになっているところなので、これが実用化されればメガネをより快適にかけることができるようになりそうです。

・関連記事
就活の面接時にメガネをかけると好印象を与えられる可能性がアップする - GIGAZINE

メガネをかける必要性を訴えすぎて放送禁止になったCM - GIGAZINE

「すそ」や「そで」の部分がメガネふきになっている画期的なYシャツ「wipe shirt」 - GIGAZINE

今井麻美さんがメガネを熱く語る、OVA「眼鏡なカノジョ」トークイベントレポート - GIGAZINE

オサレ眼鏡はもう古い?70年ぶりにモノクルが復活の兆し - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by darkhorse_log