「濡れ場こそが見せ場」というエロティックな映画14作品

by Michelle Brea (busy-away)

「主演俳優がノースタントでアクションをこなしている」「最新技術を駆使した美麗CG」など、映画にはそれぞれ何らかの見所がありますが、セクシーかつエロティックな濡れ場もそんな見所の一つ。もちろんストーリーも楽しめればいうことはないですが、何よりも濡れ場を見るべきだという14本の映画がIGNによって挙げられていました。

もしも、深夜に放送されている映画にこれらの名前が含まれていたら、ちょっと見てみてもいいかもしれません。ただし「濡れ場“だけ”が見せ場」ということで、ストーリーなどは二の次という作品も少なくないようなので、面白さまでは保証できません……。

14タイトルは以下から。
Movies We Watch Just For The Sex - Movies News at IGN

キリング・ミー・ソフトリー(Killing Me Softly)

YouTube - KILLING ME SOFTLY - TRAILER



官能サスペンス映画「キリング・ミー・ソフトリー」で、ヘザー・グラハムジョセフ・ファインズはポルノ映画顔負けの濡れ場を見せています。その激しさから、18歳未満鑑賞禁止に指定している国もあるとのこと。

アレキサンダー(ALEXANDER)

YouTube - Alexander trailer



マケドニアの王・アレクサンドロス3世(アレキサンダー大王)の生涯を描いたオリバー・ストーン監督の歴史映画「アレキサンダー」。どちらかというと男性の方が目立っている映画ですが、ロクサーヌを演じたロザリオ・ドーソンとアレキサンダー役のコリン・ファレルとの濡れ場があります。

ポワゾン(Original Sin)

ORIGINAL SIN: Movie Trailer - Video



「トゥームレイダー」シリーズのララ・クロフト役としてよく知られているアンジェリーナ・ジョリー。その「トゥームレイダー」と同年に公開された「ポワゾン」では、アントニオ・バンデラスとの濃厚な濡れ場を演じています。テレビ東京の「木曜洋画劇場」で放送されたこともあるようですが、日本での映画公開時にはR-18指定がかかっていました。

ナインハーフ(Nine 1/2 Weeks)

YouTube - Nine 1/2 Weeks 1986



そもそもがミッキー・ローク演じる謎の男ジョンとキム・ベイシンガー演じる離婚したての女エリザベスとが繰り広げる、9週間半にわたる情愛の日々を描いた作品ということで濡れ場があるのは当然。この映画でのジョンとエリザベスのカップルは「映画の中で最もセクシーだったカップル」に選ばれたそうです。

ショーガール(Showgirls)

YouTube - Showgirls Trailer



監督は「氷の微笑」「ロボコップ」「トータル・リコール」とヒット作を連発しているポール・バーホーベン。ラスベガスのショービジネスの裏側、すなわち「暴力とセックス」を描いたことで過激な暴力シーンや性的シーンが登場、NC-17(17歳以下の視聴全面禁止)指定を受けます。また、受けも非常に悪く、最低映画の賞として知られるゴールデンラズベリー賞に10部門ノミネートされ、6部門を獲得しました。主役のノエミ役に抜擢されたエリザベス・バークレーはこの映画でもちろんヌードシーンを披露しましたが、ゴールデンラズベリー賞の最悪主演女優賞と最悪新人俳優賞を獲得する羽目になってしまいました。

薔薇の素顔(Color of Night)

YouTube - Color of night official trailer



「ダイ・ハード」などのヒット作で知られるブルース・ウィリスジェーン・マーチとの濃厚な濡れ場に挑んだ「薔薇の素顔」。あまりにすごい濡れ場だったために劇場では多くがカットされてしまったそうです。また、映画自体もヒットせず、ゴールデンラズベリー賞にノミネートされ、最低作品賞を受賞しています。

ドリーマーズ(The Dreamers)

YouTube - The Dreamers Trailer



1968年のパリでの学生運動を題材にした「ドリーマーズ」。この映画がデビュー作となるエヴァ・グリーンのヌードが複数回登場するほか、激しい濡れ場が登場します。なお、国によっては18禁指定されていることがあるそうです。

アン・ハサウェイ/裸の天使(Havoc)

YouTube - Havoc Trailer



アカデミー主演女優賞にノミネートされた経験もある女優アン・ハサウェイは、2005年に出演した映画「アン・ハサウェイ/裸の天使(原題:Havoc)」で濡れ場を披露しています。また、友人役で出ているビジュー・フィリップスもヌードを披露しています。

ワイルドシングス(Wild Things)

YouTube - wild things 1 trailer



ケビン・ベーコンの下着姿が拝めたりする「ワイルドシングス」には、マット・ディロンネーブ・キャンベルとの濡れ場があります。

蘭の女(Wild Orchid)

YouTube - Wild Orchid (1990) Trailer HQ



主演のミッキー・ロークキャリー・オーティスはこの映画が撮影された当時付き合っているのではないかと噂されており、濡れ場は演技ではなく本当にしているのではないかともいわれていたようです。なお、実際に二人は1992年に結婚しました(1998年離婚)。

BODY/ボディ(Body of Evidence)

YouTube - Body of Evidence - Trailer



アメリカのセックスシンボルの一人であるマドンナが大富豪の老人を殺したとして罪に問われている愛人を演じ、彼女の弁護をすることになった弁護士(ウィレム・デフォー)を魅了していきます。

ボディヒート 3人目の美少女(Poison Ivy: The New Seduction)

YouTube - Poison Ivy: The New Seduction trailer



「ボディヒート(Poison Ivy)」シリーズは第1作目でドリュー・バリモアを、第2作目でアリッサ・ミラノを起用しましたが、ドリューはヌードシーンでボディダブルを使用、アリッサはボディダブルは使わなかったものの、ヌードシーンは一瞬だけという内容でした。しかし、本作のヒロインであるジェイミー・プレスリーははっきりとわかるヌードシーンと濡れ場を演じました。

ビースト・キッス(Meridian: Kiss of the Beast)

YouTube - Meridian Trailer



トゥー・ムーンで注目を集めたシェリリン・フェンが1990年に出演した映画が「ビースト・キッス」。日本では劇場未公開となりましたが、本作ではフェンの濡れ場が登場します。

レディ・ヴァンパイア 淫夢伝説(Embrace of the Vampire)

Embrace Of The Vampire trailer - Movie Trailers - Video Detective



アリッサ・ミラノ演じる女子大生シャーロットは毎晩見知らぬ男とセックスする夢を見ていて、やがてその夢に出てくるのとそっくりな男が現実にも現れる……というエロティックなホラー映画。本作でアリッサ・ミラノは初ヌードを披露しており、その満足度はかなり高いようです。

・関連記事
2008年の洋画・海外ドラマに出てくるヌードシーン トップ20 - GIGAZINE

美しくセクシーな女性が多いとされる国ベスト15 - GIGAZINE

メキシコで行われた1万8000人のヌード撮影ムービー - GIGAZINE

地下鉄車内で突如行われた無許可のゲリラ・ヌード撮影 - GIGAZINE

0

in 動画,  映画,   Posted by logc_nt