大容量で安価な外付けバッテリー「Energizer」登場、ノートPCやスマートフォン、音楽プレーヤーなどを充電可能


ノートパソコンやスマートフォン、携帯ゲーム機や音楽プレーヤーなど、モバイル機器で最も気になることといえば、出先でのバッテリー切れですが、あらゆる機器を充電できる安価で大容量な外付けバッテリー「Energizer」が登場しました。

「Energizer」は容量別に「Energizer XP8000」「Energizer XP18000」の2モデルがラインナップされており、いずれのモデルにも、あらゆる機器を充電できる変換コネクタが付属しています。

詳細は以下から。
JTT(日本トラストテクノロジー)から送付されてきたプレスリリースによると、6月上旬からノートパソコンや各種モバイル機器の充電に対応した大容量外付バッテリー「Energizer XP18000」「Energizer XP8000」の販売を開始するそうです。想定価格は「Energizer XP18000」は2万5800円で、「Energizer XP8000」が1万6800円。

「Energizer XP18000」の本体。容量は18000mAh(3.7V)です。


サイズは約181×110×20mmで、重さは約515グラムとなっています。なお、スペックや外見を見る限りでは、以前JTTが3万1500円で販売していた「MyBattery Book XL」と同じモデルのようですが、価格は「Energizer XP18000」の方が5000円以上安い計算に。


カップと並べてみたところ。


ノートパソコン用のものをはじめとした、数多くの変換コネクタが付属しており、あらゆる機器を充電可能。


こちらは容量8000mAh(3.7V)の「Energizer XP8000」。


サイズは約109×73.6×23mmで重さは約225グラムとなっており、「MyBattery Book X」と同じモデルであることがうかがえます。


カップと並べてみたところ。


こちらもさまざまなコネクタが付属しています。


なお、いずれのモデルも保証期間は3年間でバッテリーパック内の電池は6ヶ月保証、充電時間は約3~4時間となっています。

製品情報ページは以下から。

ノートパソコン対応外付けバッテリー「XP18000」

ノートパソコン対応外付けバッテリー「XP8000」

・関連記事
携帯電話やゲーム機、パソコンなどを同時に充電できる小型バッテリー「MyBattery Book X」を試してみた - GIGAZINE

なんと人間の「体温」で携帯電話を充電できる技術が登場へ - GIGAZINE

いずれは充電不要か、あらゆる電波を利用して充電できる携帯電話が開発される - GIGAZINE

東芝がメタノールを燃料にして充電できるモバイル機器向け燃料電池「Dynario(ディナリオ)」を発表 - GIGAZINE

0

in モバイル,  ハードウェア, Posted by darkhorse_log