日本向けiPadにSIMロックは施されていない可能性も、スティーブ・ジョブズが驚きの回答


5月10日から予約受付が開始され、あとは5月28日の発売日を待つのみとなったAppleのタブレット型端末「iPad」ですが、Appleの日本法人は3G通信に対応したモデルはソフトバンクモバイルのみでしか利用できないようにSIMロックが施されていることを明らかにしています。

しかしこの件について、AppleのCEO(最高経営責任者)であるスティーブ・ジョブズに直接問い合わせた人がおり、「日本向けiPadにSIMロックは施されていない」という驚くべき回答があったことが明らかになりました。にわかには信じがたい話ですが、いったいどういうことなのでしょうか。

なお、上記の画像はNTTドコモのMicroSIMカードを自作して、SIMフリー版のiPadで通信した猛者が公開したものです。

詳細は以下から。
Steve Jobs Says iPad in Japan Not Really SIM Locked << Mobile in Japan

この記事によると、iPadが発表されたときにスティーブ・ジョブズが「すべてのiPadはSIMフリーである」と述べたにもかかわらず、日本で発売されるモデルにはソフトバンクモバイルのSIMロックが施されていることについて、1983年から東京在住のアメリカ人男性であるDoug Lerner氏がスティーブ・ジョブズに直接問い合わせたそうです。

Doug氏はスティーブ・ジョブズに送信したメールの中で、アメリカで販売されている3GモデルのiPadはSIMフリーである上に、月額30ドル(約2800円)の定額通信サービスを提供するAT&Tはユーザーに最低契約期間を強制することもなく、素晴らしいものであると述べています。

そして日本向けのiPadについて、定額サービスの利用料金は2910円(月月割適用時)で2年契約が必要であることを挙げ、さらにSIMロックのせいでアメリカを旅行している間はAT&Tの通信サービスを利用することができないにもかかわらず、アメリカで販売されているiPadはSIMフリーであるため、日本に持ち込んでソフトバンクモバイルのSIMカードを挿入すると通信サービスを利用できるという、不公平な状態であることを指摘しています。

この問い合わせに対してスティーブ・ジョブズが行った回答は以下。訳すと「日本で販売されるバージョンのiPadは実際には国際的なSIMカードに対応しています」という内容に。

Actually, the version of iPad sold in Japan does accept international SIMs.


スティーブ・ジョブズの回答はAppleの日本法人がGIGAZINE編集部の問い合わせに対して行った「ソフトバンクモバイルのSIMロックが施されている」という回答と全く異なる内容となっていますが、いったいどういうことなのでしょうか。

「国際的なSIMカードに対応している」というのは、あくまでSIMロックが施されているのは日本国内の競合する事業者(NTTドコモ)に対してだけで、海外のどの会社のSIMカードでも利用できる……という意味なのかどうかについても気になるところです。

・関連記事
iPadでも利用可能、NTTドコモがモバイル無線LANルータを発売へ - GIGAZINE

NTTドコモはiPadを断念したのか、対抗機種に回線を提供するのかを電話で聞いてみた - GIGAZINE

NTTドコモのMicroSIMカードを自作してiPadを利用した猛者が現れる - GIGAZINE

iPad対抗の「EeePad」がまもなく登場へ、GoogleのAndroidを採用しFlashなどをサポート - GIGAZINE

iPadでも使える「マイクロSIM(MicroSIM)カード」を自作する方法が公開される - GIGAZINE

いよいよ第4世代となる「iPhone 4G(仮)」を正式発表か、Appleがイベントを開催へ - GIGAZINE

あらゆる通販サイトからApple製品が次々と消滅、いったい何が起こっているのか - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア, Posted by darkhorse_log