モバイル

ついにAppleがiPhoneの日本発売に向けて本格的に交渉を開始


アメリカのウォール・ストリート・ジャーナルなどが報じたところによると、ついにAppleがiPhoneの日本発売に向けて日本の携帯電話会社と本格的に交渉を始めたそうです。

候補に挙がっている携帯電話会社はNTTドコモとソフトバンクモバイルとのこと。

詳細は以下から。
Apple Meets With DoCoMo, Softbank On Launching iPhone in Japan

この記事によると、AppleはiPhoneをアメリカ、ヨーロッパの携帯電話会社を通じて販売していますが、日本市場への参入を計画しているそうです。

すでにAppleのトップであるSteve Jobsは、NTTドコモの中村維夫社長とiPhoneの日本での販売に向けて会談をしたそうです。なお、Appleはソフトバンクモバイルとも同時に交渉を行っており、NTTドコモとソフトバンクモバイルの幹部がApple本社のあるカリフォルニアのCupertinoに何度も出向いているとのこと。

近いうちに電撃発表があると考えるべきなのでしょうか。

・関連記事
来年初頭に超軽量、極薄のフラッシュメモリ搭載MacBook Proが出るかも - GIGAZINE

純金製のiPhoneが登場 - GIGAZINE

Appleが熱狂的信者を作るために使った12のブランド戦略 - GIGAZINE

AppleのiPhone、わずか74日で100万台を売り上げる - GIGAZINE

3G対応、16GBメモリ搭載の日本でも使えるiPhoneが11月に登場か - GIGAZINE

in モバイル,   メモ, Posted by darkhorse_log