×
インタビュー

ロバート・ロドリゲスがプロデュースするリメイク版プレデター「Predators(プレデターズ)」、驚愕の内容がインタビューで明らかに


20世紀フォックス映画から今年も年賀状が送られてきたわけですが、そのラインアップの中に2010年夏公開予定として、なんとあの名作アクションSF映画「プレデター」をロバート・ロドリゲスがプロデュースしてリメイクした「プレデターズ(仮題)」というとんでもないタイトルを発見、「ロバート・ロドリゲスのプロデュースのもと、新たに蘇る!」と書かれていました。今回は「プレデターズと呼ばれる無情なエイリアンと、戦う事にかけてはエリートの人間たちが戦う」話になるらしい。

で、なんとその「プレデターズ」にルイ・オザワ・チャンチェン(Louis Ozawa Changchien)という日系人の俳優が出演、日本に里帰りするタイミングでインタビューすることに成功しました。これまでその全貌が謎に包まれていた「プレデターズ」について、次々といろいろなことが判明しており、非常に興味深い内容になっています。

ルイ・オザワ・チャンチェン氏へのインタビューは以下から。
◆「Predators(プレデターズ)」の撮影について


インタビュアー(以下、Gと省略):かつて1987年に公開されたあの「プレデター」をリメイクというかリイマジネーションして2010年7月から「Predators(プレデターズ)」というタイトルで全米公開予定らしいのですが、本当に撮影は進んでいるのでしょうか?

ルイ・オザワ・チャンチェン(以下、Lと省略):ホントに進んでます。あと一週間で撮影終了です。

G:どれくらい撮影期間があったのですか?

L:全部で3カ月です。ハワイで3週間、テキサスは2カ月半ですね。殆どテキサスです。

注…この映画のプロデューサーであるロバート・ロドリゲスが持っているトラブルメーカー・スタジオ(テキサス州オースティン)で主に撮影。ここは飛行機格納庫を改造した撮影スタジオ。

G:なぜハワイとテキサスで撮影を?

L:ハワイ島では色々な映画のロケが行われていますし、安全なところですから。虫は多いけれど、マラリアもないし。それに蛇もいないんです。

G:ハワイには蛇がいないのですか?

L:全くいないですね。知らなかったでしょ(笑)
津波はあるけれどね(笑)

G:テキサスには蛇がいっぱいいるのでは?

L:でも冬なので全然いなかった。テキサスのロケ地は、まさにエイリアンのプラネットのように感じました。

◆「Predators(プレデターズ)」に出演する俳優について


G:12月18日に海外の各映画系サイトで話題になっていましたが、「マトリックス」のモーフィアス役で有名なローレンス・フィッシュバーンもこの「Predators」に出演するとのことですが、本当ですか?

L:本当です(笑)
僕らも本当にフィッシュバーン来るんですかと毎日聞いていたくらいです。撮影前のリハーサルはみんな観に行きました。

G:現場での彼は尊敬されていましたか?

L:もちろん尊敬されていますよ。これまで彼は色んな役柄をこなしていますし、「マトリックス」がとてもポピュラーになったので、みんなモーフィアスのイメージが強いかも知れないけれど、僕はその前の彼の出演作の時から好きでした。ニューヨークで舞台演劇などもやっていますし。

G:2009年12月14日にセット・ビジットが行われていたそうで、そこで観ることのできたセット(ミニチュアとフル・スケールのもの)が素晴らしかったとのことですが、どのような感じでしたか?

L:さっき言ったジャングルのセットも観たんでしょうし、インテリアのセットもあるんです。ローレンス・フィッシュバーンの演じるキャラクターが住んでいる所の。それも観たんじゃないかと思います。

◆「Predators(プレデターズ)」のストーリーについて

G:ネット上のあちこちで行き交っている本当かどうかよくわからないストーリー説明によると、今回の「プレデターズ」では、プレデターの故郷の惑星に放り込まれて狩猟のターゲットにされた人間たちの死闘を描くそうですが、オザワさんは「プレデターズ」に「Hanzo(ハンゾウ)」という名前で出演するとクレジットされています。どのような役なのでしょうか?

L:キレた日本の殺し屋の役です(笑)
銃のスキルもあるし、刀剣でも戦えます。

G:もう一度1作目を見て復習した方がいいですか?

L:だと思います。僕も昔から好きでしたが改めて見直すとやはり名画ですね。今見てもとてもオリジナルな映画ですね。

G:プレデターにはサムライ的なイメージもありますが、そんなイメージを持つクリーチャーも初めてでしたよね。

L:そうですよね、でも髪型はラスタファリアンですけれどね(笑)ジャパニーズとジャマイカンのハーフです(笑)
アーマーは侍だけど、頭はジャマイカンですね。そしてフィッシュネットを着ている(爆笑)

G:そもそもどういう経緯でこの「Predators」に出演することになったのですか?

L:分かんない(笑)
ま、オーディションを受けたんですが。なんとなく静かなパワーがあって、僕は昔から剣道をやっていたのでその辺もあったのかな。他のキャラクターとの絡みもあったのかな。まだ監督とそういう話をした事はないけれど、今度聞いておきます。他の日本人も候補にあがったらしいのですよ。FOXからは本当にルイは日本人ですかって聞かれました、最後の最後まで(笑)
だから僕も母親は日本人で、父親は台湾人なんだけど、日本で出会って…と僕のストーリーを全部説明しました(笑)

だから(ハンゾウの戦うシーンの)アクションスタントにも日本人として色々と指摘をしました。最初にスタントの人達を観た時に、彼らはとても優れたスタントマン達でしたが、少し動きがカンフーっぽいのです。考えてみると「キル・ビル」でのファイトシーンも舞台は日本であっても動きはカンフーなんですね。だからコンサルタントとして僕の剣道の先生を使って下さいとお願いしました。実は監督(注:ニムロッド・アーントル監督)も剣道が好きで、それでOKが出ました。

ちょうどそのファイトシーンの撮影のタイミングは、僕の剣道の先生にとっても八段の昇段試験があったのです。撮影自体も天気の影響で延び延びになったのですが、先生は昇段試験よりもテキサスでの撮影を優先してくれました。もう五歳からその先生から剣道を習っているのですが、もう今や先生というよりは第二の父親です。

G:最後に何かアピールがあればどうぞ!

L:是非観て下さい(笑)
日本では夏くらいの公開かな?まずは劇場で!それからDVDも買って下さい!

……というわけで、これが20世紀フォックス映画から送られてきた年賀状。この時点では「プレデターズ」の監督はニムロッド・アーントル。制作がロバート・ロドリゲス、エリザベス・アヴェラン。キャストはエイドリアン・ブロディ、トファー・グレイス、アリス・ブラガ、ウォルトン・ゴギンズとなっています。


このインタビューが掲載される頃にはもう撮影は終了する訳なので、早ければ春頃には予告編ムービーが出るのかも。ここ最近はこういった荒唐無稽な映画がありそうでなかったので、非常に期待大です。

・関連記事
【GIGAZINE先行配信】プレデターvs地球最強の殺人者たち、映画「プレデターズ」日本語字幕付き最新予告編ムービー - GIGAZINE

ついにリメイク版プレデター「Predators(プレデターズ)」予告編ムービー登場、今夏に劇場公開予定 - GIGAZINE

世界最速「エイリアンズvsプレデター2」の富士樹海試写会の真相・前編 - GIGAZINE

プロレベルの自主製作映画「バットマンvsエイリアンvsプレデター」 - GIGAZINE

見た目も中身もヘビー級のプレデター風バイク - GIGAZINE

in インタビュー,   映画, Posted by darkhorse