高性能で省エネを実現したコンパクトな低価格デスクトップ「Aspire Revo」速攻フォトレビュー


先ほどAcerとNVIDIAから世界で初めてIONプラットフォームを採用した低価格デスクトップパソコン「Aspire Revo」が発表されましたが、今度はそのフォトレビューをお届けします。

従来のパソコンの30分の1にあたる1リットルサイズと3分の1の低消費電力を実現した画期的なデスクトップパソコンですが、はたしてどれだけコンパクトなのでしょうか。

詳細は以下の通り。
これが「Aspire Revo」の本体。下に置かれている外付けのBlu-rayドライブと比較してもコンパクトです。


横から見たところ。非常に薄い。


近づいたところ。手前にマルチカードリーダーとイヤフォン&マイク端子、USBポートがあります。


裏側はこんな感じ。上からUSBポートが4つ、LANポート、HDMIポート、アナログRGB出力となっています。


こちらのIONプラットフォームを採用した試作機。


リビングに置いたところ。


ホームサーバーと液晶テレビに挟まれています。


テレビと比較すると圧倒的にコンパクトなのがよく分かります。

・関連記事
Acer、3DゲームやHD動画を楽しめる「ION」ベースの超小型低価格パソコン「AspireRevo」を発売 - GIGAZINE

低価格ミニノート「Aspire One」のリフレッシュモデルが2万円台で販売中 - GIGAZINE

Acer初のスマートフォンの詳細が明らかに - GIGAZINE

0

in レビュー,  取材,  ハードウェア, Posted by darkhorse_log