実写映画版「ドラゴンボール」は全三部作になる予定


今年8月15日に公開される予定だったのが、制作上の都合から来年の春休みシーズンに世界に先駆けて日本で公開されることになった実写映画版「ドラゴンボール」ですが、全三部作になる予定だそうです。

まさか「ドラゴンボールZ」や「ドラゴンボールGT」まで実写化するつもりなのでしょうか…。

詳細は以下から。
Segunda parte de Dragonball se filmara en el primer trimestre del 2009

この記事によると、現在実写映画版「ドラゴンボール」を撮影現場で働いているスタッフの一人が、実写映画版「ドラゴンボール」は全部で三部作になることを明かしたそうです。第二部の撮影は2009年の前半に開始されるとしており、そのためにスタッフの保険を更新したとのこと。

また、三部作すべての撮影は現在撮影が行われているメキシコのDurangoで行われるとしています。

どうやらかなり壮大なストーリーになるようですが、原作未登場キャラクターも登場することから、いったいどこまでが原作通りで、どこまでがオリジナルの展開になるのかが気になるところですね。

・関連記事
新しい実写映画版「ストリートファイター(仮)」のキャストが決定 - GIGAZINE

実写映画版「ひぐらしのなく頃に」の公開日が決定、日本中が惨劇に挑むことに - GIGAZINE

ハリウッドで制作される「AKIRA」の実写映画は2部作で原作全てを描く - GIGAZINE

あのビキニ姿の女剣士がチャンバラしまくるゲーム「お姉チャンバラ」が実写映画化 - GIGAZINE

映画「20世紀少年」全三部作は製作費60億円をかけて2008年8月30日公開 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log