KDDI、ライフスタイルをサポートするauケータイ2007年冬モデル8機種発表


KDDIが本日、11月中旬から発売されるauケータイの2007年冬モデルを発表しました。

オーディオ機器と連携できる「LISMO」や、自分の好きな情報や便利な機能を常に待ち受け画面に表示できる「au one ガジェット」、auの最新サービスに対応したKDDI統合プラットフォーム「KCP+」に対応した機種のほか、以前GIGAZINEで紹介した家庭用ゲーム機に迫る3D表示が可能なLSIや、ワンセグなどの映像サービスを美しく色鮮やかに楽しむことができる有機ELディスプレイを搭載したモデルなど、さまざまなラインナップとなっています。

詳細は以下の通り。
KDDI 会社情報: ニュースリリース > au携帯電話の新ラインナップ8機種の発売について〈別紙1〉

・W56T(東芝)
ワンタッチで360°回転できる「リバーシブルスタイル」でLISMOやワンセグを素早く楽しめるハイエンドモデル。世界初の2.8インチワイドQVGA有機ELディスプレイやBluetooth、800MBのメモリを搭載しており、家庭用ゲームに匹敵する臨場感溢れる3D描画を実現したゲーム「biohazard4 Mobile edition 体験版」をプリセット。ソニーのオーディオ機器と連携できるLISMO「オーディオ機器連携」や「au one ガジェット」に対応。


・W54S(ソニー・エリクソン)
有機ELディスプレイで映像の鮮やかさを楽しめる、エレガントなフォルムで包み込まれたハイエンドモデル。2.8インチワイドQVGA有機ELディスプレイとBluetooth、800MBのメモリを搭載しており、二つの機能を同時に表示できる「マルチプレイウィンドウ」機能が利用可能なほか、「biohazard4 Mobile edition 体験版」をプリセット。LISMO「オーディオ機器連携」や「au one ガジェット」に対応。


・W54SA(三洋)
漆器の小箱をイメージした「非日常な和」を表現したハイエンドモデル。3インチワイドVGA液晶とBluetoothを搭載しており。二つの機能を同時に表示できる「マルチプレイウィンドウ」機能が利用可能なほか、家庭用ゲームに匹敵する臨場感溢れる3D描画を実現したゲームをプレイ可能。LISMO「オーディオ機器連携」や「au one ガジェット」に対応。


・Woooケータイ W53H(日立)
14.2mmのスリムボディ、映像にこだわる「Woooケータイ」。2.8インチワイドQVGA有機ELディスプレイと、日立ハイビジョンテレビ「Wooo」の高画質技術を結集しており、美しい映像でワンセグを楽しむことが可能。「ユーロパープル」には、見る角度によって色合いが変化する「マジョーラカラー」を採用。


・W55T(東芝)
9.9mmの超薄型プレミアムモデル。ステンレス素材を採用しており、ボディ上面のステンレスパネルはクレジットカードとほぼ同サイズ。スリムボディながら、196万画素カメラ、2.4インチQVGAクリアスクリーン液晶、PCサイトビューアーやPCドキュメントビューアーを搭載。さらにこだわり抜いた「premium version」を3000台限定で販売


・W53K(京セラ)
胸ポケットにもスッキリ収まる薄さ15.4mmのスリムワンセグモデル。2.7インチWQVGA液晶を搭載しており、ワンセグ一発起動やワンタッチダイヤルなど、使いやすさを追求。


・A5529T(東芝)
大きなキーや大画面液晶など6つの「でか」を搭載してさらに使いやすくしたモデル。使い方をサポートするアシスタント壁紙や、脳を鍛える壁紙、「かんたんモード」や「使用料確認機能」「大音量ブザー」など、簡単だけでなく安心に応える機能が充実。


・簡単ケータイ A1407PT(パンテック&キュリテル)
音を振動で伝える骨伝導スピーカー搭載。うるさい場所でも通話を楽しめる簡単ケータイ。

・関連記事
KDDI、au携帯電話の購入方法を選べる「au買い方セレクト」を開始 - GIGAZINE

KDDI、大好評だったINFOBARの後継機種「INFOBAR2」を発売 - GIGAZINE

KDDI、Gmailを採用した容量2GBの「au one メール」サービスを開始 - GIGAZINE

KDDI、いきなり基本使用料が半額になる「誰でも割」を発表 - GIGAZINE

0

in モバイル, Posted by darkhorse_log