公立学校でLinuxを導入するべき理由


現在、一般的に端末用OSとして利用されているものはかなり限られていますが、その中で公立の学校にLinuxを導入するメリットについての説明です。

詳細は、以下から。
Adam Zwakk » Blog Archive » Why Public Schools Should Adopt Linux.

・無料で使用できる
無料で配布されているLinuxディストリビューションが多い。

・古いPCでも動作が可能
最新のOSもPentium2でもがんばれば動作可能。ハード設備投資コストの低減ができる。

・OpenOfficeで大抵のファイルは利用可能
ドキュメント作成は必須。

・インターフェースのカスタマイズが容易に可能
GUIツールが多くあります。参考までに、メニューが燃え上がるなどの劇的な効果を可能にする「Beryl」などがあります。

・セキュリティが強固
Unix系なので歴史があります。

・Windowsアプリケーションの多くは動作可能だが、大抵のゲームは無理
ゲームができないのは学校では有利かも。

・簡単に習得できる
GUIを使えば、基本的操作は簡単と思われる。

・FireFox
FireFoxが使える。

・オープンソースコミュニティーがサポートしている。
何か困ったことがあっても、サポートシステムがある。

無料で使えるLinuxのディストリビューションの一例以下の通り。

Debian

Ubuntu

Fedora

CentOS

・関連記事
ダンボール箱でLinuxマシンを作ってみました - GIGAZINE

Linuxで動作するノンリニアビデオ編集ソフト「Cinelerra」 - GIGAZINE

マイクロソフトの反Linux活動キャンペーン「GET THE FACTS」はまだ続いている - GIGAZINE

世界的にどのLinuxが多く使われているか調べてみる - GIGAZINE

ついにPS3でWindows XPが動作成功 - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by darkhorse_log