飛んで逃げる目覚まし時計


先日走って逃げ回る目覚まし時計というものを取り上げましたが、今度は空を飛んで逃げ回る目覚まし時計だそうです。

朝からアラームを鳴らしながら部屋中を飛び回る様子を想像するだけで、はたき落としたくなるのですが…。

詳細は以下の通り。
ena macana(「CONTEST」をクリック)

この目覚まし時計は2005年に台湾で行われた国際的なデザインコンテストに出品された「blowfly」というもので、第3位に輝いたものだそうです。残念ながらコンセプトモデルなので製品化はされていませんが、いったん鳴りだすと止めるのも一苦労だと思われます。

時間が来ると土台から離れて飛び始めるそうです。


上から見下ろすとプロペラはこんなかんじ。竹とんぼみたい。


多分時刻をセットするところだと思われるのですが…。


飛行中に電池が切れて、顔の上に墜落してきたら怖いかもしれませんね。

・関連記事
光で起こす目覚まし時計 - GIGAZINE

セイコーの電波目覚まし時計「KR317W」を買いました - GIGAZINE

0

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log