テスラとスペースXには多くの情報を両者で共有することによるシナジー効果が存在している

By SpaceX

新進気鋭のEV専業メーカー・テスラと、民間による宇宙開発の最先端をひた走るスペースXは、ともに実業家のイーロン・マスク氏によって設立されたことはよく知られています。互いに別の分野で事業を行っている2つの企業は、実は情報や素材開発において多くを共有しているといいます。

Tesla and SpaceX Share More Than Musk - Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-09-07/from-software-to-staffers-tesla-and-spacex-share-more-than-musk

2017年夏、テスラの自動車製造ラインで車体に用いられるアルミの鋳造品に問題が見つかりました。組み付ける前に全数を検査して修繕するには膨大な時間がかかることが予測され、その対処方法について考慮した結果、テスラのエンジニアが助けを求めたのがスペースXのエンジニアチームでした。助言を求められたスペースXのエンジニアは、超音波センサーを用いることで問題を切り分ける方法を考案してテスラチームにアドバイス。こうすることで、テスラは自動車1台あたり8時間はかかるとされていた検査時間を大幅に削減することに成功しました。

このように、両社の間では活発な情報と人間の交流が行われているとのこと。ロケットとEVでは、それほど多くの共通項がないとも考えられるのですが、実はそこには共有すべき価値のある情報が多く存在しているといいます。ロケットもEVも、軽く、強靱な構造物を作ることにおいては共通の目的を掲げています。また、自動で目的地まで到達するという意味においても、スペースXのロケットとテスラの自動運転技術には似通ったものが存在しています。さらに、構造物を作る上で必要な素材の研究や製造方法についても、多くのデータが共有できるとのこと。


テクノロジーアナリストのGene Munster氏は、両社が築いているこの体制について、「自動運転カー、そしてロケットで世の中の常識を覆す争いを行うためならば、テスラやスペースXで働く必要はありません。イーロン・マスクのために働けば良いのです。マスク氏のために働いている人材の中には、世界最高の頭脳を持つ人々がおり、情報を共有しています。そして、マスク氏はさまざまな問題を解決するために、それらの人の中から適切な人を選んで電話をかけることで、解決策を見いだしています」と語っています。

前述のエピソードは、テスラが開催した投資家向け説明会の場で発表されたもの。その中でマスク氏は「これは、ロケットと宇宙産業、そして自動車産業の間を相互に結ぶ『知識の相互醸成』です。これは非常に価値のあるものです」と語っています。テスラでは3万3000人、スペースXには約6000人の従業員がおり、両社の間には膨大な知識を保有した「才能の貯蔵庫 (talent pool)」が存在しています。


宇宙の過酷な環境に耐えるため、スペースXでは常に新しい素材の研究が進められています。そしてその情報は、テスラにも共有されているとのこと。両社の間では、エンジニアによる会議がたびたび開かれており、そこでは新しい技術についての情報交換が行われています。両社の交流はこれにとどまらず、テスラもスペースXも、拠点はカリフォルニア州フレモントに置かれており、スペースXのロケット打ち上げの際にはテスラのエンジニアがノートPCを持ってスペースXを訪れ、スペースXのエンジニアはテスラのEVを所有するといったところにまで浸透している模様。さらに、両社が共有するビジネスジェットが2016年に導入されていることも明らかになっています。

投資銀行や個人資産管理などのサービスを提供する金融ファーム・Robert W. BairdのアナリストBen Kallo氏は、「マスク氏は現在進行形のプロジェクトをいくつも抱えており、その中で最も重要なものがスペースXです。しかし、スペースXはテスラが進めている事業に貢献することも可能で、そこには多くのクロスオーバー(共通項)が存在します。それが、他社にはない強みをテスラに与えています」と両社のシナジー効果について語っています。

By SpaceX

・関連記事
イーロン・マスクが語るAIとヒトが高レベルで共存する「未来の作り方」 - GIGAZINE

イーロン・マスクがテスラの従業員に宛てたメール「優れたコミュニケーションの姿」が頭にガツンと効く一撃 - GIGAZINE

「全自動運転カー以外の車両が違法になる未来が来る」とテスラのマスクCEOが語る - GIGAZINE

「完全自動運転」を実現したテスラ・モデルXで自宅から会社まで通勤、さらには自動パーキングする様子 - GIGAZINE

72

in ハードウェア,  乗り物,  サイエンス, Posted by logx_tm