カラムーチョのやみつきになる味をナゲットで再現した「100ナゲット カラムーチョ」試食レビュー


「カラムーチョ」は辛いのに手が止まらなくなる、やみつきになってしまうポテトチップスとして長年親しまれてきました。そのカラムーチョ味のナゲット「100ナゲット カラムーチョ 4個入」が2016年に20万食限定で登場するやわずか10日で10万食を売り上げるほどの人気を得たのですが、2017年8月23日にローソンストア100にて再び登場するということで実際に食べてみました。

カラくてウマくてクセになる あの味がローソンストア100に帰って来る!「100ナゲット カラムーチョ」 8月23日(水)再販決定! | トピックス | ローソンストア100~生鮮・100円・くらし支えるストア~
http://store100.lawson.co.jp/newentry/topics/detail/1307925_5006.html


ローソンストア100で「100ナゲット カラムーチョ 4個入」を速攻でゲット。カラムーチョのマスコットキャラクター「ヒーおばあちゃん」がヒーという悲鳴を上げて辛さをアピールしています。


裏面には電子レンジ調理不可のマーク。温めなおすときはお皿に移しましょう。


パッケージを開けるとナゲットが4個入っています。パッケージから想像していたよりも小さいですが、税込108円という価格を考えると妥当かも。


ちなみに側面にはつまようじを挿せるようになっていました。


お皿に移すと形が明らかに。円形で直径は500円玉よりやや大きいといったところ。ナゲットの表面に辛さを主張するような赤い点々が見えます。


激辛で火を噴いてしまいそう……な味を覚悟して口に入れてみたのですが、実際に食べてみると思ったよりもおとなしい味で、パクパク4個とも食べ進められる程度の辛さでした。辛さは抑え目でもカラムーチョの「クセになる」味はそのままで、ナゲットのうまみと見事に重ね合わさっています。そのやみつき度合いは気付けば4個食べ終わっていたというほどでした。


カラムーチョとも食べ比べてみたところ、どちらも食べやすい辛さでありつつそれぞれポテトの甘みとナゲットのうまみという特徴がよく表れていると感じました。


前回の販売では20万食限定となっていましたが、今回は特に限定数などは特に設定されていないとのことでした。なお、ローソンストア100のうち(PDF注意)ファストフーズ導入店舗でのみの販売となっているので注意が必要です。

・関連記事
世界で最も辛い唐辛子「キャロライナ・リーパー(カロライナの死神)」はこうやって育てられている - GIGAZINE

文字どおり「死ぬほど辛い」唐辛子が登場、その辛さはギネス超え - GIGAZINE

頭に銃を向けられて「チキンナゲットをよこせ」と脅された13歳の少女が要求を拒否 - GIGAZINE

マクドナルドのチキンナゲットはこうやって作られている、製造工場を直撃したムービーが公開中 - GIGAZINE

57

in 試食, Posted by log1d_ts