ChromeがノートPCのバッテリーを最も減らすブラウザであるということがMicrosoftのテストで判明


Microsoftが、Windows 10搭載のノートPCでそれぞれのウェブブラウザがどれぐらいバッテリー消費に影響を与えるのかを調べたところ、Google Chromeが最も「バッテリーを食う」ブラウザだったことが判明しました。

Get more out of your battery with Microsoft Edge | Windows Experience Blog
https://blogs.windows.com/windowsexperience/2016/06/20/more-battery-with-edge/

テストに用いられたのはMozilla Firefox、Microsoft Edge、Google Chrome、Operaの4つのブラウザです。

それぞれの電力消費量をグラフ化したものがこれで、色分けはそれぞれCPU使用・GPU使用・Wi-Fi使用による消費を示しています。左端はブラウザ起動なしの時の基準値で、電力消費量は318mW(ミリワット)。最も電力消費量が少ないのはMicrosoft Edgeで2068mW、続いてChromeが2819mW、Operaが3077mW、Firefoxが3161mW。


こうした数字が机上のものではないことを示すため、Microsoftでは実際にWindows 10搭載の「Surface Book」でブラウザを起動し、実機調査を行いました。

Microsoft Edge Experiment: Battery Life - YouTube


ムービーはテストが3時間を経過したところから始まります。


4台とも4時間は越えましたが、4時間19分50秒で、まずはChromeを起動していたSurfaceがバッテリー切れ。


5時間9分30秒で、Firefoxを起動していたSurfaceがバッテリー切れ。


残り2台は6時間越え。


しかし、6時間18分33秒でOperaも力尽き……


7時間を越えて……


Edgeを起動してたSurfaceのバッテリーが切れたのは7時間22分7秒でした。


電力消費量のグラフでは、ChromeはEdgeに次ぐ2位の低さだったはずですが、実機では最もバッテリー消費の多いブラウザということになりました。

もし外出先などで、Windows 10端末を長時間バッテリーのみで使用するときには、Edgeを使えば他のブラウザを使うよりも長くバッテリーが保つのかもしれません。

ちなみに、MacBook ProだとChromeやFirefoxよりもSafariの方がバッテリー駆動時間が長いことが分かっています。

・関連記事
Windows10の新ブラウザ「Edge」を他ブラウザとベンチマーク比較したグラフ - GIGAZINE

最もバッテリー消費を抑えられるブラウザは何か? - GIGAZINE

Chromeより50%バッテリーが節約できる節電モードをOperaが搭載 - GIGAZINE

Facebookアプリを削除するとスマホのバッテリーが最大20%も長持ちすることが判明 - GIGAZINE

Facebookアプリがバッテリーを無駄に消費する原因だと発覚、バックグラウンド動作をオフにしても無音ファイル再生で無効化 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   動画, Posted by logc_nt