新CPU搭載のRaspberry Pi新モデル「Raspberry Pi 3 Model B」が登場


高速化されたCPUを搭載するRaspberry Piの新モデル「Raspberry Pi 3 Model B」が登場しました。価格は先代モデルと変わらず35ドルで、日本では5000円前後で購入することが可能です。

Raspberry Pi 3
https://www.raspberrypi.org/blog/raspberry-pi-3-on-sale/

今回のバージョンでは、CPUに1.2GHz クアッドコアの64bit CPU・ARM Cortex-A53を採用しており、先代モデルのRaspberry Pi 2に比べて1.5倍、初代のRaspberry Pi 1と比較すると実に10倍という処理速度となっています。また、ユーザー待望の802.11n Wi-FiとBluetooth 4.1(BLE対応)がオンボードで搭載されており、本体だけでワイヤレスネットワークが利用できるようになっているのもポイントです。


搭載されるメモリは1GBで、Raspberry Pi 2との外観上の違いはほとんど見られない状態ですが、2.5Aの電源容量が必要となるため、従来の電源では対応不可となっています。主な仕様や改良点は以下の通りです。

Pi 3の特長と利点
•Broadcom BCM2837チップセット、動作周波数1.2GHz
•64ビットクアッドコアARM Cortex-A53
•802.11 b/g/nワイヤレスLAN
•Bluetooth 4.1 (クラシック及びLow Energy)
•デュアルコアVideoCore IVマルチメディアプロセッサ
•1GB LPDDR2メモリ
•最新のすべてのARM GNU/Linuxディストリビューション及びWindows 10 IoTをサポート
•2.5A電源用microUSBコネクタ
•10/100イーサネットポート x 1
•HDMIビデオ/オーディオコネクタ×1
•RCAビデオ/オーディオコネクタ×1
•USB 2.0ポート×4
•GPIOピン×40
•チップアンテナ
•DSIディスプレイコネクタ
•microSDカードスロット
•寸法: 85×56×17mm

日本でもRaspberry Pi 3 Model Bは近日発売予定とのこと。RSオンラインでは1枚あたりの単価が4815円からとなっています。

Raspberry Pi 3 Model B | Raspberry Pi Model 3 B SBC | Raspberry Pi 【通販RS】


なお、Wi-FiとBluetoothをオンボードで搭載したRaspberry Pi 3ですが、日本の技適は記事作成時点では未認証とのこと。ただし対応が進められているようなので、近いうちにクリアするものとみられるとのことです。

・2016/03/01 10:05 追記
モノのインターネット(IoT)向けにMicrosoftがリリースしている「Windows 10 IoT Core」の、Raspberry Pi 3対応も明かされました。なお、Microsoftがエンジニアやアーリーアダプター向けに公開しているプロトタイプ版の「Windows 10 IoT Core Insider Preview」はここからダウンロードできます。

これと同時に、MicrosoftはWindows 10 IoT Coreを搭載したRaspberry Pi 3のデモンストレーションムービーも公開しています。

Windows 10 and Raspberry Pi 3: Controlling a Closed-Loop Wheel - YouTube

・関連記事
簡単にRaspberry Piで思い通りのモノを作ることができるキット「Flotilla」 - GIGAZINE

スマホからArduinoやRaspberry Piを簡単かつ自由に操作できるようになる「Blynk」 - GIGAZINE

「Raspberry Pi 2」にWindows 10が無償提供されることが決定 - GIGAZINE

カメラのフラッシュを当てると動作停止するデスフラッシュ現象が「Raspberry Pi 2」で発生 - GIGAZINE

わずか2000円ほどで自作の64bitコンピューターを作れるキット「PINE A64」 - GIGAZINE

406

in ハードウェア, Posted by logx_tm