Appleのカーナビ「CarPlay」とGoogleのカーナビ「Android Auto」の違いは?

by mroach

2014年、AppleはジュネーブモーターショーでiOSのカーナビ向け新機能「CarPlay」を正式発表。続いて2015年にはGoogleがAndroidの車載版である「Android Auto」を正式リリースしました。スマートフォンでしのぎを削る両社が次に戦うことになるカーナビでも、早速いろいろな差が判明しています。

CarPlay vs Android Auto: Different approaches, same goal | Ars Technica
http://arstechnica.com/gadgets/2016/01/carplay-vs-android-auto-different-approaches-same-goal/

Ars Technicaは2015年7月にAndroid Autoを2016年1月にCarPlayを試しており、「異なるアプローチで同じゴールに向かっている」と評していますが、まず外観の点ではかなりの差違が認められます。ホーム画面はまったく異なっていて、CarPlayはインストールされたアプリのアイコンが並ぶ、iOS端末のホーム画面に近いものです。もともと「iOS in the car」の名前で開発されていたもので、その表示は基本的にはスマートフォンやタブレット向けの内容を4倍に拡大した上で、車載向けにシンプルに変更してあります。


一方、Android Autoは天気や目的地までの必要時間などがウィジェットのように表示されていて、画面下部にAndroidに似たアイコンが並んでいますが、Androidから引き継いでいる部分は名前以外にはあまりないとのこと。


カーナビとして重要なナビゲーション画面。CarPlayはこんな感じ。


そしてAndroid Auto。使用している地図が異なるため見た目が違いますが、これは現状のカーナビメーカーの違いと同じようなレベル。案内している情報の内容は似たようなものです。


操作性には若干の違いがあります。CarPlayのマップにはズームボタン、カーソルボタンなどが表示されています。


Android Autoはハンバーガーアイコン内に収納しているらしく、地図上にはボタンはなし。これは、ズーム操作をピンチイン・ピンチアウトで可能だからということもあります。つまり、CarPlayのマップはピンチ操作に対応していないわけです。


カーナビに求められる機能の1つ、音楽プレイヤーでも大きな違いが。CarPlayの「Apple Music」はローカルに保存してある音楽ファイルを参照して再生することが可能です。曲名、アーティスト名、アルバム、プレイリストなど、何からでも曲を探せます。


一方、Android Autoの「Google Play Music」はキューリストかプレイリストを利用しての再生しかできず、コレクション内の曲を自分で探す操作はできないとのこと。


電話にはどちらも対応しています。大きな違いは、CarPlayは画面上部に「お気に入り」「発着信履歴」などのタブを設けているのに対して……


Android Autoはハンバーガーアイコン内にメニューを格納しているということ。


メニューを展開するとこんな感じで、ボイスメール・電話番号入力・履歴表示などができます。


これからAppleとGoogleが自動車業界でもバトルを開始する……というところなのですが、車載OS・カーナビ関連ではないものの、1月23日にAppleで電気自動車開発を統括してきたスティーブ・ザデスキー氏が個人的な理由により退社することが明らかになっており、ひょっとすると、また何か別の動きがあったりするのかもしれません。

アップルの電気自動車開発トップが退社へ - WSJ
http://jp.wsj.com/articles/SB10152201462225363779004581495263094342934

米アップルのEV開発統括責任者が退社へ―関係者 - Bloomberg
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O1EDDI6K512X01.html

・関連記事
Googleの自動車向けOS「Android Auto」を実際に使用するとこんな感じ、初搭載車はヒュンダイ・ソナタであることが判明 - GIGAZINE

Appleの「CarPlay」をボルボで実際に操作しまくるムービーいろいろまとめ - GIGAZINE

ポルシェがApple「CarPlay」に一本化したとの報道、原因はGoogleのデータ取得ポリシーに反旗か - GIGAZINE

CarPlay対応カーナビをパイオニアが発表、夏のファームウェア更新で対応される予定 - GIGAZINE

Googleが開発中の車載用スマートデバイス「Android Auto」の意外な欠点とは? - GIGAZINE

市販間近レベルのスマホと連携する次世代カーナビ「Autonet intelligent in-vehicle System」 - GIGAZINE

98

in ソフトウェア,  乗り物, Posted by logc_nt