「Windowsをオープンソース化する可能性がある」とMicrosoft幹部が衝撃の発言


Microsoftの礎を築き、今なお最も大きな収益源であるOS「Windows」について、「オープンソース化する可能性は当然ある」という衝撃的な発言がMicrosoft幹部の口から飛び出しました。

Microsoft: An Open Source Windows Is 'Definitely Possible' | WIRED
http://www.wired.com/2015/04/microsoft-open-source-windows-definitely-possible/

Windows goes open source? Microsoft plays coy | InfoWorld
http://www.infoworld.com/article/2905258/microsoft-windows/windows-goes-open-source-microsoft-plays-coy.html

IT開発者向け会議のChefConf 2015の会場で、司会者から「いつかWindowsがオープンソース化されることはありますか?」と聞かれたMicrosoftのテクニカルフェローを務めるマーク・ルシノビッチ氏が、Windowsがオープンソース化される可能性は「It’s definitely possible(間違いなくある)」と答えたとのこと。

By citecbielefeld

ルシノビッチ氏によると、MicrosoftのクラウドサービスMicrosoft Azureでは顧客の約20%がAzure上でLinuxを動かしており、多くの顧客がオープンソースコードに依存していることが明らかとなっています。Microsoftもその実体を受け入れる必要性がある、とルシノビッチ氏は語っており、ひいてはWindowsをオープンソース化することも検討しているというわけです。

もっとも、ルシノビッチ氏は「Microsoftの誇る天才的なエンジニアたちがセットアップに3カ月間かかるビルドシステムが付属したWindowsをただちにオープンソース化することに重要な意味があるでしょうか?」とも述べており、すぐにWindowsのソースコードが公開されてオープンソース化することはなさそうです。


とはいえ、Microsoft帝国を築き上げたWindowsのソースコードはいわば「聖域」であり、Windowsをオープンソース化するというかつてないほど踏み込んだ表現がMicrosoftの技術的キーパーソンの口から出るという事実自体が、サティア・ナデラ氏のCEO就任以来、Microsoftが大きく変化していることを如実に表していると言えそうです。

・関連記事
Windows 10は無料でWindows 7・Windows 8.1などからアップグレード可能 - GIGAZINE

Windows 10への無料アップグレードに「違法な海賊版」も対応、Microsoftの狙いとは? - GIGAZINE

Microsoftの新CEOが就任からたった3カ月で会社を劇変させた8つの戦略 - GIGAZINE

なぜWindows 10が「特別なOS」なのかが一発で分かる新機能まとめ - GIGAZINE

Microsoftの「Office 365」を学生と教師は無料で利用可能に - GIGAZINE

無料のiPhone版「Word」「Excel」「PowerPoint」、有料版との差は何かまとめたリスト - GIGAZINE

MicrosoftがiPadでWord・ Excel・ PowerPointのフル機能が使えるアプリを無料配信開始 - GIGAZINE

Microsoftが「OneDrive」の保存容量をなんと「無制限」にアップグレード - GIGAZINE

626

in ソフトウェア, Posted by logv_to