×
レビュー

YouTubeやVimeoの音質を自分好みに操作できるChrome拡張機能「Audio EQ」


PCの音質を改善するには、スピーカーで外部へ出力するか、PCのシステムのオーディオ設定を変更するといった方法がありますが、YouTubeやVimeoなどの再生音だけにイコライザーをかけて好みの音質に設定できる無料のChrome拡張機能が「Audio EQ」です。

Audio EQ - Chrome ウェブストア
https://chrome.google.com/webstore/detail/audio-eq/lfafdlnjaliaghpjdajmlcnnblkgcefh

「Audio EQ」をインストールするには「Chromeに追加」をクリック。


「追加」をクリック。


すると右上にAudio EQのアイコンが表示されるので、クリックするとイコライザーを呼び出すことができます。


各種つまみをドラッグして上下に動かすだけで、YouTubeなどの再生音を好みの音質に設定することが可能。


「どこをどうすれば良いのかわからない!」という場合は17つのプリセットがあるので、好きなものをクリックすればOK。曲の聞こえ方がガラリと変わります。


元に戻したい場合は「Reset」をクリックすれば全ての数値が初期値にリセットされます。


Audio EQはYouTubeのようなHTML5で動作するウェブサイトで使用可能。


他にも、VimeoGroovesharkなどがAudio EQに対応しています。


Audio EQはHTML5の「audioタグ」や「videoタグ」をコントロールするものであるため、フラッシュで動作する動画や音楽には使えないので注意が必要です。

・関連記事
どんな曲でも通用する汎用的なiTunesのイコライザ設定 - GIGAZINE

集中力向上に最適な雨音・雷鳴・ノイズなどで作業用BGMを作れる「Noisli」 - GIGAZINE

通常20~30分しか続かない集中力を100分間持続させるBGMを流す「focus@will」 - GIGAZINE

キーワードを入力するだけで作業用BGMをYouTubeからリストアップして流し続ける「FMTube!」 - GIGAZINE

MP3ファイルの音質を聞き分られるか自分の耳をテストできる「mp3ornot.com」 - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア,   ネットサービス, Posted by darkhorse_log