84インチ4Kディスプレイ搭載の巨大端末「Surface Hub」をMicrosoftが発表


Microsoftは大型タッチディスプレイのPerceptive Pixelを2012年に買収しましたが、MicrosoftがWindows 10発表イベントにおいて、84インチ4K画質でホワイトボードのような巨大端末「Surface Hub」を発表しました。

新端末のSurface Hubを発表。84インチの4Kディスプレイ搭載という巨大な端末。


Surface Hubはマルチタッチに対応しており指でもペンでも操作可能。端末側面についているペンを取り……


おもむろにカキカキ。書き心地は「まるで紙とインクのようななめらかさ」のようです。


Surface HubはWindows 10端末ですが、UIは巨大なディスプレイに合わせてカスタマイズしてある様子。


指で感覚的にオブジェクトをグリグリ動かしたり……


Surface Hubはディスプレイの横に2つのインカメラを内蔵、マイクロフォン・高度なセンサーも搭載しているので、Skypeを使って複数人とビデオ会議をすることも可能。


遠方にいる人々と同じ画面を共有しながらミーティングすることもできます。どんな端末からでもSurface Hubにアクセス・編集でき、シェアも簡単に行えるというわけです。


「実際にオフィスで使うとこんな感じになるよ」というイメージ映像がこれ。とても使いやすそうに見えます。

Microsoft Surface Hub - Unlock the power of the group - YouTube


なお、Surface Hubは55インチ版も用意されるようです。

・関連記事
5Kサイズなので4K映像も余裕で表示できるハイエンドモニタ「UP2715K」を使ってみた - GIGAZINE

IGZOパネルを搭載したデルの32インチ4Kモニタ「UP3214Q」実機レビュー - GIGAZINE

マイクロソフト「Surface」のアクセサリーを次世代のデザイナーたちが自由にデザインするとこうなる - GIGAZINE

「Surface Pro 3」速攻レビュー、世界一薄いIntel Core搭載PCの実力は? - GIGAZINE

98

in ハードウェア,   動画, Posted by logq_fa