ソフトウェア

「Firefox 32」正式版登場、新機能や変更点が豊富なアップデートに

By Francesco Lodolo

2014年9月2日(火)から「Firefox 32」の正式日本語版がダウンロード可能となっています。Firefox 32ではページ内検索時に検索結果の件数が表示されるようになり、他にも多くの新機能や変更点などが反映されています。

Firefox のダウンロード — 自由な Web ブラウザ — Mozilla
https://www.mozilla.org/ja/firefox/

Firefox 32 ベータ版リリースノート
http://www.mozilla.jp/firefox/32.0beta/releasenotes/

Android ブラウザなら Firefox ? あの人気ブラウザに Android 版が登場
http://www.mozilla.jp/firefox/android/

Android 版 Firefox 32 ベータ版リリースノート
http://www.mozilla.jp/firefox/android/32.0/releasenotes/

◆デスクトップ版のダウンロード
自動更新機能によってそのうち自動でアップグレードされるのですが、今すぐFirefox 32をダウンロードしたい場合は以下から可能です。

・Windows版
http://download.mozilla.org/?product=firefox-32.0&os=win&lang=ja

・Mac OS X版
http://download.mozilla.org/?product=firefox-32.0&os=osx&lang=ja-JP-mac

・Linux版
http://download.mozilla.org/?product=firefox-32.0&os=linux&lang=ja

◆検索結果の件数表示
Firefox 32では、新しくページ内検索を行った際に検索結果の件数まで表示してくれるようになりました。

Firefox 32よりも前のバージョンの場合、ページ内検索機能を使った際はこんな感じで何件検索に引っかかっているのかは分からない表示でした。


新しいFirefox 32では、検索結果の件数まで表示されるようになったというわけ。


◆保存されているパスワードのメタデータも表示
ブラウザのパスワード保存機能を使うとウェブサイトのURLやユーザー名などの情報が保存されます。この情報はブラウザの「ツール」→「オプション」→「保存されているパスワード」から閲覧可能です。

Firefox 32以前のバージョンの場合この画面に「サイト」と「ユーザー名」が表示されました。


Firefox 32では、新たに「最終使用日」と「変更日」まで表示されます。


◆Firefox 32での変更点

○新機能
・新しいHTTPキャッシュ(v2)が標準で有効になりました。(詳細はこちら)
・世代別 GC が統合されました。
・公開鍵のピンニングが有効になりました。(詳細はこちら)
・パスワードマネージャでログインに関するメタデータを閲覧できるようになりました。
・検索ツールバーに検索結果の件数が表示されるようになりました。
・スクラッチパッドにコード補完機能とインラインでのドキュメント表示機能が追加されました。(詳細はこちら)
・HTTPS を利用して HTTP プロクシに接続できるようになりました。

○変更
・パスワードマネージャとアドオンマネージャの性能が向上しました。
いくつかの1024bitルート証明書が削除され無効になりました。

○HTML5
・Vibration API が W3C の最新仕様にあわせて更新されました。
・CSS:-moz-background-inline-policyがbox-decoration-breakに置き換えられました。(詳細はこちら)
・ECMAScript 6の組み込みメソッドである、Array#copyWithinが実装されました。
・CSS:position:stickyが標準で利用できるようなりました。
・drawFocusIfNeededが標準で有効になりました。
・mix-blend-modeが標準で有効になりました。
・Array.from()が実装されました。(詳細はこちら)
・navigator.languages属性とlanguagechangeイベントが実装されました。(詳細はこちら)

○開発者
・開発ツールのユーザインタフェースが HiDPI をサポートしました。
・開発ツール:インスペクタのボタンが左上に移りました。
・開発ツール:Web Audioエディタが利用できるようになりました。(詳細はこちら)
・開発ツール:マークアップビューでは、隠れたノードはそうでないものと異なるスタイルで表示されるようになりました。

○修正
・Mac OS X:ウィンドウがない場合に Cmd-L を押しても新しいウィンドウが開かれない問題が修正されました。
・MSIE10 で必要とされるKB2670838を適用したWindows7、もしくはWindows 8.1で生じていたテキストの描画に関する不具合が修正されました。

◆既知の問題

○未解決
・HWAがオフになった環境で、背景画像をリピートするとテキストのレイアウトが崩れることがあります。(Bug 1011166)

なお、次期バージョンのFirefox 33は2014年10月14日(火)にリリース予定となっています。

・関連記事
「Firefox 31」正式版登場、新しいタブに検索バーが出現 - GIGAZINE

Firefoxの安定性は長期的に見るとどのように変化しているのか? - GIGAZINE

約1万円台でFirefox OS搭載SIMフリースマホ「Flame」日本発売開始 - GIGAZINE

わずか2000円台のFirefox OS搭載スマートフォンが新登場 - GIGAZINE

「Firefoxが失敗した原因は矢継ぎ早のアップデート」と前任開発者が指摘 - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by logu_ii