寒い冬にスマホなどのデジタル機器を使う上で知っておくべき6つの豆知識

By ScaarAT

冬の寒い天候が続く時期は、スマートフォン・タブレット・ノートPCなど持ち運びのできるデジタルガジェットが故障しやすい季節です。まだまだ気温が下がる冬に備えて、寒い天候の中でデジタルガジェットを故障させずに長持ちさせるために知っておくべき6つの豆知識がまとめられています。

Winter-Proof Your Gadgets: 6 Tips You Need to Know – ReadWrite
http://readwrite.com/2013/12/30/winter-proof-your-gadgets-popsugar

◆1:目に見える場所へ置いておく
寒い冬の季節に長時間ガジェットを使用せずに放置することは、スクリーンにダメージを与え、HDDを凍結させる恐れがあります。ノートPC・スマートフォン・タブレットなどのデジタルガジェットは、カバンから取り出したままにすると異常が表れてもすぐに気づくことができます。

By Yuli Chua

◆2:収納する時はガジェットをくるむ
もしガジェットを車の中など、気温の低い場所に放置しなくてはならない場合は、ジャケットやセーターといった服や布でくるんで下さい。特に寒い地域に住んでいる人は、氷結防止用のラップトップ・ウォーマーを使用する方がベターです。

By Jason Trommetter

◆3:電源を切る
ノートPCやタブレットをスリープモードにしておくと、保温されて機器は冷気から守れているかもしれません。しかし、移動時に電源が落ちてしまいセーブしていないデータが消える、といったリスクを背負うことになるため、データを安全に保つために、使用後は完全に電源を落とす必要があります。

By Charles Dyer

◆4:起動する前に暖める
帰宅してすぐなど、冷え切った部屋でガジェットを起動する場合は、電源を入れる前に部屋を暖めてゆっくり室温を上げてください。コンピュータの内部を故障させる原因となる、凝結や結露をしっかり防止できます。

By Bob Harwig

◆5:予備の充電器を持ち運ぶ
寒い天候は、ガジェットのバッテリー寿命を縮めてしまう最悪の季節です。緊急時に備えて必ずモバイルチャージャーや車用の充電器など、予備の充電器を持ち運ぶことでバッテリー寿命を長生きさせることができます。

By Incase

◆6:常に身につける
スマートフォンやタブレットスクリーンは寒い季節に敏感になり、故障しやすくなります。スマートフォンやタブレットを使っていない時は、ポケットなどに収納して身につけて下さい。持ち主の体も少しは温めてくれる上、冷気や外気によるスクリーンの故障も回避できます。

By ScaarAT

・関連記事
2013年を振返る時に外すことのできないガジェット・サービス36種類総まとめ - GIGAZINE

Google Playで買った「Nexus 5」がバキバキに壊れたので修理に出してみた - GIGAZINE

ほかほかのトーストが手を温めてくれるワイヤレスで使用可能なトースト型ハンドウォーマー「Toasty Handwarmers」 - GIGAZINE

コンセントに直接挿して充電できるスマホ用モバイルバッテリー「BOLT」を試用してみた - GIGAZINE

114

in ハードウェア,  メモ, Posted by darkhorse_log