SSD大手メーカーのOCZが破産申請予定、東芝と資産売却を交渉中


ソリッドステートドライブ(SSD)の大手メーカーであるOCZテクノロジーは、破産申請を行う予定で、現在、東芝と資産売却に関する交渉中であることを発表しました。

OCZ Filing for Bankruptcy, Announces Offer From Toshiba to Purchase Assets - MarketWatch
http://www.marketwatch.com/story/ocz-filing-for-bankruptcy-announces-offer-from-toshiba-to-purchase-assets-2013-11-27

東芝 、米SSDメーカーのOCZに資産買収を提案 | マネーニュース | 最新経済ニュース | Reuters
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0JC3VF20131127

OCZは、2013年11月25日、大口債権者であるヘラクレス・テクノロジー・グロース・キャピタル社(以下、ヘラクレス)がOCZのシリコンバレー銀行およびウェルズファーゴ銀行の口座凍結を行ったこと、ならびに破産申請を行う予定であり、同じくSSD大手メーカーである東芝に現在資産売却・従業員の引き継ぎ等事業承継の交渉を行っていることを明らかにしました。


OCZと東芝の交渉は、ヘラクレス立ち会いのもと最終段階に入っており、近々、資産売却・事業承継の可否が発表される見込みで、OCZは、仮に東芝との交渉がまとまらない場合には、すみやかに破産・清算を申請するとのことです。

OCZは、SSDの市場が急拡大する中で、約1年にわたってSSD製造に用いるNAND型フラッシュメモリーの調達に難航し、過去5年間にわたって年間利益を計上していませんでした。ナスダックに上場するOCZの株価は、前日比74.6%安の0.16ドルまで下落し、27日の取引を終えています。

・2013/12/03 10:25
東芝がOCZと、SSD事業に関する資産譲渡契約を締結しました。これで、買収が成立すれば東芝はSSD事業の技術開発資産・知的財産・製品・販売網を手に入れることができます。

・関連記事
AppleがMacBook AirのSSDをリコール&無償交換開始、確認方法まとめ - GIGAZINE

SSDの健康状態と寿命予測などを教えてくれるフリーソフト「SSD Life」 - GIGAZINE

消費電力93%減・書き込み速度11倍になるSSD+ReRAMのハイブリッドSSD技術が登場 - GIGAZINE

薄さ5mmで容量500GBの2.5インチHDD「WD Ultra-Slim」が出荷開始 - GIGAZINE

記憶容量が現行メモリの10倍&消費電力は3分の2の次世代メモリ「MRAM」を日米20社の半導体企業が共同開発、いよいよ量産化が明確に - GIGAZINE

in ハードウェア,   メモ, Posted by logv_to