音楽プレイヤーソフト「Winamp」が公式サイト閉鎖へ、ダウンロードも不可能に


1997年に登場したメディアプレイヤー「Winamp」が、11月20日更新のバージョン5.66(安定版)をもってサイト上での配布を終えることが明らかになりました。Winampの公式サイトであるWinamp.comを所有しているAOLによると、2013年12月20日にサイトを閉鎖する予定で、以降はダウンロードできなくなるとのこと。

Winamp Media Player - MP3, Video, and Music Player - Winamp
http://www.winamp.com/



Winamp.comのトップページには特にお知らせはありませんが、製品の個別ページに移動すると、Winamp.comとその関連サービスが2013年12月20日をもって終了となり、11月20日公開の最新版も12月20日以降はダウンロードできなくなるという旨のお知らせが掲載されています。

Winamp Media Player - MP3、ビデオ、および音楽向けの無料プレーヤー - Winamp
http://www.winamp.com/media-player/japanese



有料版であるWinamp Proはストアから削除されています。


Winampは1997年4月21日に誕生。開発したのはジャスティン・フランケルさんとDmitry Boldyrevさん。クレジットされている「Nullsoft」というのは、もともとはフランケルさんがソフトウェア作者として使っていた名前で、Winampのリリース前に会社になっていました。

最初に公開されたバージョンは「WinAMP 0.20a」で、インターフェースはメニューバーのみで、MP3ファイルをメニューから開くかバー上にドラッグ&ドロップし、再生・一時停止・停止ができるという非常にシンプルなもので、無料ソフトウェアでした。


のちのWinampで見られるようなプレイヤーのインターフェースが登場したのは「WinAMP 0.92」からで、スペクトラムアナライザや波形アナライザが表示されるようになったのも0.92から。

1997年6月リリースのバージョン1.006からは「Winamp」という名前になり、のちの「クラシックスキン」の形が完成。1998年7月までに300万回ダウンロードされる人気ソフトに成長していきます。この間、1998年1月に無料から有料(10ドル、当時の相場で1300円前後)のソフトウェアに変更されています。

1998年9月にリリースされたバージョン2でプレイリスト機能を改良、さらに使いやすくなりました。しかし、この時期にPlayMediaという会社から訴訟を起こされ、デコーダーを変更。1999年6月、NullsoftはAOLに買収されて傘下の1部門に。2002年8月にWinamp3が登場しましたが、これと並行してWinamp2の改良も続けられ、2003年12月、Winamp2系統とWinamp3系統を統合して「Winamp5」がリリースされました。

以降は、このWinamp5の改良が進められてきて、11月20日に最新安定版の5.66がリリースされましたが、同時に、サイトの閉鎖も発表されました。

After 15 years of llama-whipping, AOL shuts down Winamp for good | Ars Technica
http://arstechnica.com/business/2013/11/after-15-years-of-llama-whipping-aol-shuts-down-winamp-for-good/

Ars Technicaによると、以前からAOLはあまりWinampの展開に積極的ではなく、開発チームはあまりAOLのことをよく思っていなかった模様。AOLの広報担当者は発表以上のものはないとコメントを拒否。Winampと同時期にAOLに買収された音楽サービス「Spinner」の開発者であり現在はベンチャーキャピタリスト(出資者)でもあるJosh Felserさんは「AOLは何ヶ月も前からサービスの売却をもくろんでいて、まずSpinnerが閉鎖されました。これは『音楽 1.0』の終焉です」と語っています。

現在、FelserさんはAOLからWinampを買うことを真剣に検討しており、すでに話し合いを持っているとのこと。

なお、Winampを開発したNullsoftは現在のP2Pファイル共有ソフトの原型とでも言うべき「Gnutella」を2000年にリリース、翌日には速攻でAOLから配布を差し止められたという過去も持っており、今後の動きに要注目です。

・続報:
MicrosoftがWinamp買収に動き出したとの話が出てきています。

サポート終了が決定したWinampをMicrosoftが買収すべく交渉中か - GIGAZINE

・関連記事
かなりクリエイティブなデザインの参考になるWinampスキン30選 - GIGAZINE

マルチメディアプレイヤー「VLC」が10億ダウンロードを達成 - GIGAZINE

わずか17キロバイトしかないフリーのFLV再生専用プレイヤーソフト「FLV Player nano」 - GIGAZINE

Winampを携帯音楽プレイヤーに - GIGAZINE

起動するソフトの割り当てやアイコンの変更が手軽にできるフリーソフト「Default Programs Editor」 - GIGAZINE

260

in ソフトウェア, Posted by logc_nt