iPhone 5sに搭載された指紋認証センサーとカメラ、iPhone 5c公式ムービー


Appleが日本時間9月11日午前2時より開催した「Apple Special Event」で新型iPhoneであるiPhone 5sとiPhone 5cの2機種が発表され、同時にアップルのサイトでは公式ムービーが公開されています。

アップル - iPhone 5s - ビデオ
http://www.apple.com/jp/iphone-5s/videos/

アップル - iPhone 5c - ビデオ
http://www.apple.com/jp/iphone-5c/videos/

まずはiPhone 5s

洗練されたデザインのiPhone 5s


iPhone 5sの新しい技術はホームボタンに搭載されています。


iPhoneを使う全ての人を考え、セキュリティの性能を上げることが重要、という答えに至ったようです。


そして生まれた指紋認証センサー「Touch ID」


ホームボタンに触れるだけで……


Touch IDが指紋を読み取ってロックを自動的に解除


iTunes ストアで買い物をする際の承認にも使用可能


Touch IDの精度は使う度に向上


複数の指紋を登録することもできます


また、どんな角度でも指紋を読み取ることが可能


ボタンに使用されているサファイアクリスタルという最高の透明度と硬度を持つ素材は、センサーを守りレンズとなってユーザーの指に正確にピントを合わせます


ボタンの周囲のスチール製のリングは指を感知してTouch IDに指紋を読み取らせます。


センサーは解像度の高い指紋の画像を皮膚表面の下から読み取るとのこと。


センサーは指紋をアーチ型・ループ型・渦巻き型に分類し……


目には見えない精度で正確な照合を行い、圧倒的な安全性を生み出します。


すべての指紋情報は暗号化されて、新しいA7チップのSecure Enclaveに保存されます。


当然指紋情報はアップルのサーバやiCloudにバックアップされることはないとのことです。


iPhone 5sはセキュリティという重要な事までシンプルなものにしました。


次はiPhone 5sに搭載されているカメラについてのムービー。

iPhone 5sのカメラはかなり進化したとのこと。


iPhone 5sでは、f/2.2の大きな開口部を採用


さらに最先端の8メガピクセル裏面照射型CMOSセンサーを15%大きくしました。


その結果画像の画質は33%向上


すべての作業を処理するのは64ビットのデスクトップクラスのアーキテクチャを持つ新しいA7チップ


A7チップを搭載した結果、写真のダイナミックレンジが広くなり、ハイライトと影のディテールがはっきり写り、全体のノイズが減ります。


また薄暗い場所では新しい自動手ぶれ補正が働きます。


シャッターを押すと瞬時に最大4枚の写真を撮影、それらを結合して画像のブレを減らしてくれるとのこと。


暗い場所では白とアンバー2つのフラッシュでバランスのとれた画像を撮影することが可能。


iPhone 5sのカメラにはバーストモードと呼ばれる1秒間に10枚の写真を連続して撮影し、ベストな連続部分を選んでくれる機能も付いています。


また、毎秒120フレームのビデオをHD画質で撮影できるスローモーション機能もあります。


iPhone 5sは写真やビデオの撮影以外のややこしい作業をすべてこなしてくれます。


最後はiPhone 5cの公式ムービー

iPhone 5の魅力を凝縮させたというiPhone 5c


また、本体はカラフルなピンク・イエロー・ブルー・グリーン・ホワイトの5色


iPhone 5cはハードウェアとソフトウェアが互いに調和して生まれる体験とのこと。


その体験を進化させるために、ハードウェア・ソフトウェア2つの連携を劇的にスムーズにしています。


iPhone 5cは美しいプラスチックを意図的に使用


継ぎ目がなく、滑らかな表面を持つ1枚のポリカーポネートを採用しています。


iPhone 5cは開発段階から形・素材・色の調和をしっかりと考慮されています。


ここまで品質と安全性へのこだわりを持っているのがiPhone 5c


なので、デザインの開発も全く新しい構造から着手したとのこと。


始まりは、1枚のポリカーポネート。


ポリカーポネートにスチールの強化フレームをつけます。


強化プレートはアンテナとしても機能する特別なパーツ。


それから背面プレートをつけて……


複数の仕上げプロセスを経て全体が組み立てられます。


これらのプロセスが、通常のプラスチックではあり得ない頑丈な構造を持ち、また、圧倒的に美しい製品を生み出すのです。


また、iPhone 5cに合わせてカラフルなケースも開発されました。


数十もの色の組み合わせも選べます。


また、スクリーンには4インチのRetinaディスプレイを採用


高速で、ゲーム専用機並みのグラフィックスをもたらすA6チップも搭載


8メガピクセルのiSightカメラ


対応する4G LTE周波数の数も増加


そして、スマートフォンとしては世界一になりました。


ソフトウェアについてもiOS 7を搭載しており、コントロールセンターやAirDropなどの新機能も追加しています。


iOS 7はiPhone 5cを美しく引き立てます。


壁紙の色はボディーカラーとマッチして、半透明の表示は操作中も下の色が透けて見えます。


ハードウェアとソフトウェアが見事に融合しているのがiPhone 5cです。

・関連記事
iPhone 5s・5c発売直前のApple Store&ヨドバシ行列はこんな感じ - GIGAZINE

Appleが発表会イベントを実施、新型iPhoneを発表へ - GIGAZINE

Appleが64ビットチップ搭載の「iPhone 5s」と廉価版モデル「iPhone 5c」を発表 - GIGAZINE

NTTドコモ・KDDI(au)・ソフトバンクがiPhone 5s・iPhone 5cを9月20日から発売 - GIGAZINE

171

in ハードウェア,  動画, Posted by darkhorse_log