洗濯したはずの服やタオルがすぐに雑巾臭くなる原因が明らかに


「洗濯したばかりのシャツを着て意気揚々と出かけたら、軽く汗をかいただけで一気に雑巾臭くなり、一日ブルーな気持ちになった」「お風呂上がりにタオルで身体を拭いていたら、洗濯してあるはずなのに何故か臭かった」……ということを経験したことがある人がいるかと思われますが、その原因が明らかになりました。

詳細は以下から。
ニュースリリース 洗濯後に発生する衣類の悪臭の原因菌を解明 | 花王株式会社

花王が発表したプレスリリースによると、よく洗ったにもかかわらず、使用し始めるとすぐ発生する不快な臭いとして多くの消費者に認識されている「生乾き臭」と呼ばれる雑巾様臭について、その原因となる成分が脂肪酸の一種の「4-メチル-3-ヘキセン酸(4M3H)」であることはすでに明らかになっていますが、4M3Hを生成する原因微生物を分離し、種を同定することに成功したそうです。

これは一般家庭から雑巾様臭を有するTシャツやタオル類などの衣類19枚を入手し、付着している微生物を抽出、寒天培地上に培養し分離するなどして解析したことによるもので、原因となる微生物は「モラクセラ菌」と呼ばれる2連短桿菌で、洗濯後も衣類に残って衣類の使用中や衣類の保存中に強い雑巾様臭を発生させることが判明。

4-メチル-3-ヘキセン酸とモラクセラ菌の電子顕微鏡写真


また、モラクセラ菌は保管中の衣類だけではなく、家庭内のさまざまな場所にも存在しているため、洗濯時には汚れだけでなく、モラクセラ菌を除去することが大切とされており、今回の成果は新しい衣料洗浄技術の開発に応用していくとのこと。

将来的にモラクセラ菌を除去できるような洗剤などが開発されるのかどうかはまだ明らかになっていませんが、製品化にこぎつけられるのであれば、生乾き臭に悩まされたことがある人たちからの幅広い支持を集めることができそうです。

・関連記事
室内干しした洗濯物の「生乾きのイヤなニオイ」の原因と予防策が解明される - GIGAZINE

果物やハーブなど、身近な食べ物で口臭を予防する方法 - GIGAZINE

ワキガ臭(ワキ臭)の強弱はメンタルストレスに左右される - GIGAZINE

自分のニオイが気になる人は78%、他人のニオイが気になる人は80% - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log