ゲーム

「ゲームボーイカラー本体を搭載した厚底ブーツ」や「モンスターボール仕様のブラジャー」など、ポケモンモチーフの変わったグッズいろいろ

by Viernest

1996年にゲームボーイ用ソフトとして発売されて爆発的大ヒットを記録し、ライセンス管理を一元化するために株式会社ポケモンが設立されるほどの人気を誇っている「ポケットモンスター(ポケモン)」。

ポケモンをモチーフにしたグッズは公式非公式を問わずに世界中で多種多様なものが売られていますが、「ゲームボーイカラー本体を搭載した厚底ブーツ」や「モンスターボール仕様のブラジャー」など、数あるグッズの中には頑張りが突き抜けてしまっていったい誰にアピールしたいのかわからないような品もあるようです。これらを見ると、改めてポケモン市場の奥深さというものを感じます……。

詳細は以下から。Ridiculous Pokemon Products - UGO.com

◆1:モンスターボール仕様のブラジャー「ポケブラ」

熱心なポケモンファンの女性にピッタリなアイテムがモンスターボール仕様のブラジャー「ポケブラ」です。


カスタムメイドなのでさまざまなサイズに対応していましたが、残念ながら現在は売り切れています


◆2:ポケモンジェット

機体にポケモンのキャラクターが所狭しとあしらわれた全日本空輸(ANA)の旅客機がポケモンジェットです。


基になった旅客機はボーイング747-400ボーイング767で、内部もドリンクサービスのコップなどがポケモン柄になっているとのこと。これは「ANAポケモンジェット1999・JA8288」です。

by Kouhei14915

続いて「ピカチュウジャンボ・JA8957」。

by Kouhei14915

そして「ポケモンジェット1998・JA8569」。

by Chatama

◆3:モンスターボール型のベレー帽

タマゲタケ気分を味わえそうなベレー帽がこちら。


価格は20ドル(1636円)です。


◆4:ピカチュウ仕様のナイキ製スニーカー

ナイキのDUNKをオリジナルカスタムしたピカチュウ仕様のスニーカーです。


正面から見ると普通のスニーカーに見えます。


かなり履く人と着る服を選びそうなデザインですが、元がナイキのスニーカーなので品質は保証されています。価格は599ドル(4万9013円)と少々高め。


◆5:ポケモン図鑑風iPhoneケース

多種多様な製品が販売されているiPhoneケース市場ですが、いつでもどこでもポケモントレーナー気分が味わえそうな製品がこのポケモン図鑑風iPhoneケースです。


価格は24.95ユーロ(2865円)。


iPhone 3Gと3GSのみに対応しています。


◆6:ピカチュウ柄のボクサーブリーフ

このピカチュウ柄のボクサーブリーフ、子ども向けの下着と考えれば特に違和感のない製品ですが、アメリカなどの英語圏では「ポケットモンスター」という単語が男性器を連想させるので「ポケモン」が正式名称となった背景があり、英語圏でのモンスターボールの名前「Pokéball」が睾丸(こうがん)を意味するスラングとして使われることもあるそうで、いろいろと深読みしてしまいそうな柄です。価格は19.99ドル(約1635円)。


◆7:カントー地方のバッジコレクション

こちらは、カントー地方のジムリーダーに勝つともらえるバッジを実際に作ったコレクションです。


樹脂粘土とアクリル絵の具による手作りで、価格は30ドル(約2667円)となっています。


◆8:ポケモンカー

トヨタ自動車によるポケモンをモチーフに作られた車で、ピカチュウカーやプラスルカーなど6種類が存在しています。画像は初代ピカチュウカー。


そして2代目ピカチュウカーです。


◆9:ヒトカゲ仕様のパーカー

フードをかぶることでヒトカゲになりきってしまえるパーカーがこちら。


ヒトカゲは初代「ポケットモンスター 赤・緑・青」で最初にもらえるポケモンなので、思い入れが強い人も多いのではないでしょうか。


シッポも付いており、価格は85ドル(6955円)です。


◆10:ゲームボーイカラー本体を搭載した厚底ブーツ

Helen Red Richardsさんによってデザインされたこの厚底ブーツには、大胆にもゲームボーイカラー本体が埋め込まれており、実際に遊ぶことも可能です。このブーツは2001年に行われた任天堂のキャンペーンのために作られたそうで、制作費用は2000ドル(約16万3652円)となっています。

・関連記事
ギネス記録のポケモングッズを持つ海外のコレクターの部屋 - GIGAZINE

モンスターボールの真実、ポケモンの知られざるボール内での暮らしは快適? - GIGAZINE

「ポケモン」デザインで子どもの不安を和らげるX線撮影装置「モバイルダート エボリューション」 - GIGAZINE

ついに念願のポケモンカードをゲットして絶叫する少年 - GIGAZINE

全世界で最も売れたゲームソフトトップ10 - GIGAZINE

何かがとても間違っている気がするピカチュウのトランポリン - GIGAZINE

in ゲーム,   Posted by darkhorse_log