コラム

GIGAZINEで働きたい「記者・編集」「ライター」「事務全般」「ウェブデザイナー」を募集します


以前から何度も予告していたとおり、GIGAZINE編集部の「記者・編集」になりたい人を正式に募集します。

各職種の募集期間は本日6月26日(金)から7月26日(日)23時59分までとなっており、「記者・編集」の場合の採用フローとしては、第一次審査をパスした場合には順次、7月27日(月)0時から8月2日(日)23時59分までの間に第二次審査の案内が届くので、定められた期日までに回答して提出、さらに8月中旬のお盆頃に開催される集団面接と個人面接を経てGIGAZINE編集部で最終審査を行い、複数名を採用するという流れになります。

ほかにも、「ライター」「事務全般」「ウェブデザイナー」も募集することになりました。各募集の詳細は以下から。
~募集その1「記者・編集」~


◆募集メディア名:GIGAZINE
◆職種分類:その他職種
◆募集職種:記者・編集(主に日本語版担当ですが、少数精鋭なので電話番から肉体労働までなんでもあり)
◆勤務エリア:大阪府
◆勤務地:大阪府大阪市(近隣に住むのであれば家賃補助か交通費補助あり)
◆仕事内容:ニュースサイト「GIGAZINE」(http://gigazine.net/)の記事を作成・編集する編集部員を募集します。最終的には日本語版のGIGAZINEをメインに担当してもらうことになりますが、インターネットを活用して記事のソースを集めるため、英語などの各種言語に精通していることが必須条件となります。必要な技能の詳細などは以下の通りです。

・英語の読み書き
最終的には日本語版GIGAZINEをメインとして働いてもらうことになる予定ですが、仕事の流れとしては以下の3種類が考えられます。
パターン1:海外のニュースソースから記事を作成する
パターン2:日本語のニュースソースから記事を作成する
パターン3:取材に出かけたりして独自記事を作成する
また、求められる英語力としては、GIGAZINEの全記事を読んでもらえればどれぐらいのレベルが必要なのかは理解できるはずです。
なお、翻訳の助けになるソフトウェアなどはGIGAZINE編集部で揃えていますが、必要なものがあれば別途購入することも可能です。

・Windows全般を操作する基本的な知識
主にWindowsXPとWindowsVistaをインストールしたノートPCを職場では使用しています(採用決定後に予算を決めて編集部で各自1台ずつ購入します)。記事作成時間短縮のためにキーボードのショートカットを多用するので、そういうのに慣れていると習熟までが早いです。それ以外の各種ソフトウェアなどの使用方法はGIGAZINE編集部ですべて教えます。

・種種雑多な興味
基本的にはあらゆるジャンルの記事を作成することになりますが、最終的には現在のGIGAZINEで扱っているジャンル以外の新たなカテゴリを開拓してもらうことになります。また、自分の知っている常識は必ずしも他の人間が知っている常識であるとは限りません。そのため、自分の知っていることを知らない人間に理解できるような形でアウトプットする能力が必要になります。知らないジャンルであっても、調べることによってきっちりと記事として完成させる能力が求められます。

なお、いわゆる大企業のようにあらゆるモノがそろっている環境ではなく、いろいろな仕事を専任でできるほどの人数もいないので、編集・記事作成から始まり、試食レビュー用の買い出しからオフィスの雑用・掃除あれこれ、広告運用・インタビューや取材のための出張まで、あらゆる仕事を経験することになります。そのため、入社直後から当面の間は仕事を覚えることと合わせてかなりハードになります。最初は数ヶ月~1年以内をお試し試用期間としてお試し初任給で雇用後、問題がなければ正社員級の給料にアップさせていく形になり、ある程度のレベルにまで成長すればさらに基本給をアップさせたり、賞与を成果に応じて出すという形になります。

◆給与:応相談(新入社員の平均額面給与よりちょっと低いぐらいから始まり、そこから徐々に上げていくという感じです)
◆勤務時間:現在は午前9時から18時まで(途中で一時間休息あり)の8時間を基本としていますが、年俸制か裁量労働制に移行する予定なので、変則的なフレックスタイム制にする可能性もあります。このあたりも応相談。
◆勤務形態:正社員(中途)、正社員(新卒)
◆応募資格:前歴・職歴・学歴・年齢・性別は就労できるのであれば一切問いません。英語力については、客観的に自分の英語力を証明でき、GIGAZINEの第二次審査を突破できる程度であれば問題ありません。
◆待遇:各種社会保険完備、賞与年2回(7月、12月)、交通費補助か家賃補助あり(ただし会社からの距離制限あり)
◆休日・休暇:土日祝は更新する当番になっていなければ基本的に休み。また、夏季・年末年始も当番になっていなければ休暇あり。
◆採用フロー「第一次審査」:本日6月26日(金)から7月26日(日)23時59分までの間にまず第一次審査として、下記の「この求人に応募する」をクリックして表示されるメールアドレスに対して、以下の書類をメールに添付する形で送付してください。

・顔写真と全身写真の最低2種類の添付必須
※顔写真はデジカメで撮影したものでも、証明写真をスキャンしたものでもOKです。また、全身写真はどのような体型かがわかるようなものであれば問題ありませんので、正面以外に側面などからの写真を合わせて送っていただいても大丈夫です。ファイルサイズや縦横サイズは、こちらでちゃんと確認できるものであれば自由です。

・履歴書
※通常の履歴書として必須の内容以外にも可能な限り「自分」がどのような人物であるかわかるように詳細に書いてください。前回および前々回の募集時にも必要最低限しか書いていないため、落とされたケース多数あり。「自分」のことを詳しく書けば書くほど高評価だと考えていただいて問題ありません。可能であれば各項目ごとにできる範囲の「5W1H」で説明があればグッド。例えば学歴一つにしても、なぜその学校のその学部に入ることになったのかの理由を説明してください。特技や趣味、資格についても同様で、なぜ特技になったのか、なぜその趣味を持つに至ったのか、その趣味のレベルはどれぐらいなのか、その資格はいつ取ったのか、その資格を取った理由は何か、資格を取ってから実際に役に立つことはあったのか、などです。とにかく通常の「自分」の説明になっていない履歴書ではなく、「面接で履歴書の各項目について聞かれたらこう回答するぜ!」というような形で書いてきてください。

・職務経歴書
※中途の場合は前職を退職した理由の詳細な説明必須。記載した理由が虚偽であることが面接時や採用後に判明した場合は即座にアウトとします。また、職歴に空白期間がある場合は何をしていたのかを可能な限り詳細に書いてください。ニートとして空白期間があったものの編集部員になった例があるので、その空白期間に何をしていたかは包み隠さず可能な限り多く書いてください。新卒の場合はバイト経験などを同じく詳細に記してください。また、中途・新卒ともに、なぜその仕事を選んだのかという理由や経緯を書いてください。

・アピール文
以下の3つの課題それぞれについて、長すぎず短すぎない分量で書いてください。形式やフォーマットは問いません。
アピール文その1:「これまで生きてきた人生の中で起きた各種エピソードを時系列順で可能な限り詳細に記したもの」
アピール文その2:「GIGAZINEで働きたいと思った理由とGIGAZINEをどのようなメディアに成長させていくかという具体的プラン」
アピール文その3:「若者が未来に対し希望が持てない傾向にあると言われているが、その原因はどこにあるとあなたは考えるか」

◆採用フロー「第一次審査の合格発表」:第一次審査を通過した方のみ、7月27日(月)0時から8月2日(日)23時59分までの間に第二次審査の案内をメールで送付します。なお、こちらからのメールがスパム判定されて届かないというケースも考えられるので、スパムフィルターなどが搭載されている場合には十分注意してください。

◆採用担当者である編集長からのコメント:「外部から人材を募集するのはこれが3回目です。1回目はサーバ担当、2回目は英語版のGIGAZINEでした。これまでも何度か問い合わせとして『GIGAZINEで働きたいのだがどうすればよいか?』という質問が来ていたわけですが、GIGAZINE本体の募集は実は初めてになります。また、編集や記事作成というのは小学校・中学校・高校・大学のどこかで必ず習うものというわけではなく、むしろまったく習わないものなので、一から徹底的に鍛え直すことになるため、一部のネットメディア経験者でない限りは条件は実はほぼフラットです。実際問題として、昔のGIGAZINEは私が一人で全部書いていたのである一定のレベルを保っており、かなり好評でしたが、その分ジャンルの幅が異様に狭く、たった一人ではキャズムを超えるだけの力はありませんでした。そのため、人を新しく雇ってジャンルの幅を広げ続けた結果、キャズムを超えることができ、今のGIGAZINEになっています。つまり、今回の人材募集はキャズムを超えた結果、必然的に低下したクオリティを本来以上のレベルにまで引き上げていくその第一弾となります。これまでにないジャンルの開拓、既存ジャンルの底上げ、さらに質の高い内容をGIGAZINEで実現してくれる人を求めている、というわけです」

◆この求人に応募する
ここをクリックして表示される文字列を入力して応募用メールアドレスを表示させてください。なお、スパム防止のため、「reCAPTCHA Mailhide」を使用しています。
※なお、この求人募集に関する質問は一切受け付けません。万が一、問い合わせされても返信できませんのでご了承ください。


~募集その2「ライター」~


◆募集メディア名:GIGAZINE
◆職種分類:その他職種
◆募集職種:ライター(主にGIGAZINEの日本語版担当ですが、英語版でも可です)
◆仕事内容:ニュースサイト「GIGAZINE」(http://gigazine.net/)の記事作成。まず企画出しを何本かしてもらい、その中でOKそうなものがあればこちらからゴーサインを出すので、締め切りまでに原稿を作成して担当編集に送付してもらい、誤字脱字訂正や編集による修正を経た後に掲載するという流れになります。記事末尾にはライター名を明記します。
◆給与:応相談(基本的に記事1本の最低単価を決め、さらに記事掲載から数週間後の時点でのページビューやユニークユーザー数、滞在時間などを算出して成果に応じた分を上乗せしていきます)
◆勤務時間:特になしですが、締め切り日時のみ厳守のこと
◆勤務形態:契約社員、アルバイト(ライターとして優秀な場合には正社員として正式に編集・記者への登用あり)
◆応募資格:前歴・職歴・学歴・年齢・性別は締め切りを守れるのであれば一切問いません。英語力については、客観的に自分の英語力を証明できるのであれば問題ありません。
◆採用フロー:本日6月26日(金)から7月26日(日)23時59分までの間に、下記の「この求人に応募する」をクリックして表示されるメールアドレスに対して、以下の書類をメールに添付する形で送付してください。

・顔写真と全身写真の最低2種類の添付必須
※顔写真はデジカメで撮影したものでも、証明写真をスキャンしたものでもOKです。また、全身写真はどのような体型かがわかるようなものであれば問題ありませんので、正面以外に側面などからの写真を合わせて送っていただいても大丈夫です。ファイルサイズや縦横サイズは、こちらでちゃんと確認できるものであれば自由です。

・履歴書
※通常の履歴書として必須の内容以外にも可能な限り「自分」がどのような人物であるかわかるように詳細に書いてください。前回および前々回の募集時にも必要最低限しか書いていないため、落とされたケース多数あり。「自分」のことを詳しく書けば書くほど高評価だと考えていただいて問題ありません。可能であれば各項目ごとにできる範囲の「5W1H」で説明があればグッド。例えば学歴一つにしても、なぜその学校のその学部に入ることになったのかの理由を説明してください。特技や趣味、資格についても同様で、なぜ特技になったのか、なぜその趣味を持つに至ったのか、その趣味のレベルはどれぐらいなのか、その資格はいつ取ったのか、その資格を取った理由は何か、資格を取ってから実際に役に立つことはあったのか、などです。とにかく通常の「自分」の説明になっていない履歴書ではなく、「面接で履歴書の各項目について聞かれたらこう回答するぜ!」というような形で書いてきてください。

・職務経歴書
※通常の職務経歴に加え、既に雑誌や各メディアなどでプロのライターとして活躍している場合は執筆経験のある媒体およびその際の執筆した記事名とその記事の内容を書いてください。可能であれば、その記事の元原稿や掲載時の内容を確認できる資料を別ファイルとして添付してもらえれば高評価です。今回がライターとして初の応募になる場合は、通常の職務経歴のみで問題ありません。

・課題
以下で指定する各ジャンルを好きなように組み合わせ、長すぎず短すぎない分量で実際にGIGAZINEに掲載できるレベルの記事を最低10本書いてきてください。記事の長さの目安としては、実際にGIGAZINEに掲載した際に一番最後の行が左メニュー最下部にある「統計」にちょうど届く程度です。また、記事中で使用する元画像も同時に添付してきてください。記事はテキストファイルにして序文と本文の2つに大きく分け、画像はJPEG形式かPNG形式でお願いします。ムービーを記事中で使用する場合はエンコード済みの元ムービーを何らかの方法で渡してください。

ジャンルその1:「ネットサービス&レビュー」
ジャンルその2:「ソフトウェア&レビュー」
ジャンルその3:「ハードウェア&レビュー」
ジャンルその4:「ゲーム&レビュー」
ジャンルその5:「試食」
ジャンルその6:「コラム」
ジャンルその7:「取材」
ジャンルその8:「上記7つのどれにも当てはまらない新ジャンル」

◆採用の結果発表:送っていただいた原稿の中から実際にGIGAZINEに掲載できるレベルのものがあった場合、すぐにその時点で採用決定のメールを送付します。なお、こちらからのメールがスパム判定されて届かないというケースも考えられるので、スパムフィルターなどが搭載されている場合には十分注意してください。

◆この求人に応募する
ここをクリックして表示される文字列を入力して応募用メールアドレスを表示させてください。なお、スパム防止のため、「reCAPTCHA Mailhide」を使用しています。
※なお、この求人募集に関する質問は一切受け付けません。万が一、問い合わせされても返信できませんのでご了承ください。


~募集その3「事務全般」~


◆募集メディア名:GIGAZINE
◆職種分類:事務
◆募集職種:事務・経理・広告運用(主にGIGAZINEの日本語版担当ですが、英語版も担当することになります)
◆勤務エリア:大阪府
◆勤務地:大阪府大阪市(近隣に住むのであれば家賃補助か交通費補助あり)
◆仕事内容:ニュースサイト「GIGAZINE」(http://gigazine.net/)の事務・経理および広告運用。これまではなんと編集・記者が記事を書きながら事務・経理・広告運用などを兼任してきましたが、さすがにかなりキツくなってきたので、専用の人員を募集します。
◆給与:応相談(平均額面給与より低いぐらいから始まり、仕事に慣れてきたら徐々にレベルアップ)
◆勤務時間:午前9時から18時まで(途中で一時間休息あり)の8時間が基本。
◆勤務形態:正社員(中途)、正社員(新卒)、契約社員、アルバイト
◆応募資格:前歴・職歴・学歴・年齢・性別は就労できるのであれば一切問いません。英語力については、客観的に自分の英語力を証明でき、GIGAZINEの第二次審査を突破できる程度であれば問題ありません。
◆待遇:正社員の場合は各種社会保険完備、賞与年2回(7月、12月)、交通費補助か家賃補助あり(ただし会社からの距離制限あり) 。契約社員やアルバイトの場合でも必要な各種保険や交通費補助などはもちろんあり。
◆休日・休暇:土日祝は仕事がなければ基本的に休み。また、夏季・年末年始も仕事がなければ休暇あり。
◆採用フロー「第一次審査」:本日6月26日(金)から7月26日(日)23時59分までの間にまず第一次審査として、下記の「この求人に応募する」をクリックして表示されるメールアドレスに対して、以下の書類をメールに添付する形で送付してください。

・顔写真と全身写真の最低2種類の添付必須
※顔写真はデジカメで撮影したものでも、証明写真をスキャンしたものでもOKです。また、全身写真はどのような体型かがわかるようなものであれば問題ありませんので、正面以外に側面などからの写真を合わせて送っていただいても大丈夫です。ファイルサイズや縦横サイズは、こちらでちゃんと確認できるものであれば自由です。

・履歴書
※通常の履歴書として必須の内容以外にも可能な限り「自分」がどのような人物であるかわかるように詳細に書いてください。前回および前々回の募集時にも必要最低限しか書いていないため、落とされたケース多数あり。「自分」のことを詳しく書けば書くほど高評価だと考えていただいて問題ありません。可能であれば各項目ごとにできる範囲の「5W1H」で説明があればグッド。例えば学歴一つにしても、なぜその学校のその学部に入ることになったのかの理由を説明してください。特技や趣味、資格についても同様で、なぜ特技になったのか、なぜその趣味を持つに至ったのか、その趣味のレベルはどれぐらいなのか、その資格はいつ取ったのか、その資格を取った理由は何か、資格を取ってから実際に役に立つことはあったのか、などです。とにかく通常の「自分」の説明になっていない履歴書ではなく、「面接で履歴書の各項目について聞かれたらこう回答するぜ!」というような形で書いてきてください。

・職務経歴書
※中途の場合は前職を退職した理由の詳細な説明必須。記載した理由が虚偽であることが面接時や採用後に判明した場合は即座にアウトとします。また、職歴に空白期間がある場合は何をしていたのかを可能な限り詳細に書いてください。ニートとして空白期間があったものの編集部員になった例があるので、その空白期間に何をしていたかは包み隠さず可能な限り多く書いてください。新卒の場合はバイト経験などを同じく詳細に記してください。また、中途・新卒ともに、なぜその仕事を選んだのかという理由や経緯を書いてください。

・成績証明書
※最終学歴の学校の成績証明書を文字を判読可能な状態でスキャンするかデジカメで撮影して添付してください。

◆採用フロー「第一次審査の合格発表」:第一次審査を通過した方のみ、7月27日(月)0時から8月2日(日)23時59分までの間に第二次審査の案内をメールで送付します。なお、こちらからのメールがスパム判定されて届かないというケースも考えられるので、スパムフィルターなどが搭載されている場合には十分注意してください。

◆この求人に応募する
ここをクリックして表示される文字列を入力して応募用メールアドレスを表示させてください。なお、スパム防止のため、「reCAPTCHA Mailhide」を使用しています。
※なお、この求人募集に関する質問は一切受け付けません。万が一、問い合わせされても返信できませんのでご了承ください。


~募集その4「ウェブデザイナー」~


◆募集メディア名:GIGAZINE
◆職種分類:デザイン
◆募集職種:ウェブデザイナー
◆勤務エリア:大阪府(フリーランスで案件単位の受注の場合は関係なし)
◆勤務地:大阪府大阪市(近隣に住むのであれば家賃補助か交通費補助あり、フリーランスで案件単位の受注の場合は関係なし)
◆仕事内容:ニュースサイト「GIGAZINE」(http://gigazine.net/)などのサイトデザイン。本当はいろいろしたいのですが、そこまでするまとまった時間がないのに加え、やはり根本的にゼロからちゃんとユーザビリティをもっと考えていろいろ作り直すべきだという結論に至りました。使用しているCMSは「ExpressionEngine」(http://expressionengine.com/)というもので、このテンプレートを作成するという作業が第一段階になります。ほかにも水面下進行中のアレとかコレがあるのですが、とりあえずはGIGAZINE本体の案件からということです。
◆給与:応相談(平均額面給与より低いぐらいから始まり、仕事に慣れてきたら徐々にレベルアップ。フリーランスの場合は案件ごとに決定)
◆勤務時間:午前9時から18時まで(途中で一時間休息あり)の8時間が基本ですが、おそらく裁量労働制+フレックスタイムなどの方が妥当ではないかと思われるので、応相談。フリーランスの場合も応相談。
◆勤務形態:正社員(中途)、正社員(新卒)、契約社員、アルバイト、フリーランス
◆応募資格:前歴・職歴・学歴・年齢・性別は就労できるのであれば一切問いませんが、実力と経験を重視します。英語力については、客観的に自分の英語力を証明でき、「ExpressionEngine」のマニュアルを完全読解することができ、GIGAZINEの面接を突破できる程度であれば問題ありません。
◆待遇:正社員の場合は各種社会保険完備、賞与年2回(7月、12月)、交通費補助か家賃補助あり(ただし会社からの距離制限あり) 。契約社員やアルバイトの場合でも必要な各種保険や交通費補助などはもちろんあり。フリーランスの場合は案件ごとの発注となるので、応相談。
◆休日・休暇:土日祝は仕事がなければ基本的に休み。また、夏季・年末年始も仕事がなければ休暇あり。
◆採用フロー「第一次審査」:本日6月26日(金)から7月26日(日)23時59分までの間にまず第一次審査として、下記の「この求人に応募する」をクリックして表示されるメールアドレスに対して、以下の書類をメールに添付する形で送付してください。

・顔写真と全身写真の最低2種類の添付必須
※顔写真はデジカメで撮影したものでも、証明写真をスキャンしたものでもOKです。また、全身写真はどのような体型かがわかるようなものであれば問題ありませんので、正面以外に側面などからの写真を合わせて送っていただいても大丈夫です。ファイルサイズや縦横サイズは、こちらでちゃんと確認できるものであれば自由です。

・履歴書
※通常の履歴書として必須の内容以外にも可能な限り「自分」がどのような人物であるかわかるように詳細に書いてください。前回および前々回の募集時にも必要最低限しか書いていないため、落とされたケース多数あり。「自分」のことを詳しく書けば書くほど高評価だと考えていただいて問題ありません。可能であれば各項目ごとにできる範囲の「5W1H」で説明があればグッド。例えば学歴一つにしても、なぜその学校のその学部に入ることになったのかの理由を説明してください。特技や趣味、資格についても同様で、なぜ特技になったのか、なぜその趣味を持つに至ったのか、その趣味のレベルはどれぐらいなのか、その資格はいつ取ったのか、その資格を取った理由は何か、資格を取ってから実際に役に立つことはあったのか、などです。とにかく通常の「自分」の説明になっていない履歴書ではなく、「面接で履歴書の各項目について聞かれたらこう回答するぜ!」というような形で書いてきてください。

・職務経歴書
※中途の場合は前職を退職した理由の詳細な説明必須。記載した理由が虚偽であることが面接時や採用後に判明した場合は即座にアウトとします。また、職歴に空白期間がある場合は何をしていたのかを可能な限り詳細に書いてください。ニートとして空白期間があったものの編集部員になった例があるので、その空白期間に何をしていたかは包み隠さず可能な限り多く書いてください。新卒の場合はバイト経験などを同じく詳細に記してください。また、中途・新卒ともに、なぜその仕事を選んだのかという理由や経緯を書いてください。

・成績証明書
※最終学歴の学校の成績証明書を文字を判読可能な状態でスキャンするかデジカメで撮影して添付してください。

・実際に自分で作成したテンプレートの例を5種類
※WordpressやMovableTypeなど向けのテンプレート本体ファイル一式とスクリーンショット、制作過程で作った各種元ファイルをすべて添付して送ってきてください。

◆採用フロー「第一次審査の合格発表」:第一次審査を通過した方のみ、7月27日(月)0時から8月2日(日)23時59分までの間に第二次審査の案内をメールで送付します。なお、こちらからのメールがスパム判定されて届かないというケースも考えられるので、スパムフィルターなどが搭載されている場合には十分注意してください。

◆この求人に応募する
ここをクリックして表示される文字列を入力して応募用メールアドレスを表示させてください。なお、スパム防止のため、「reCAPTCHA Mailhide」を使用しています。
※なお、この求人募集に関する質問は一切受け付けません。万が一、問い合わせされても返信できませんのでご了承ください。

・関連記事
履歴書に絶対書いてはいけない10個のウソ - GIGAZINE

何をするにも成功するために必要な10個のスキル - GIGAZINE

目は口ほどに物を言う、面接官は意外と目線を重要視している - GIGAZINE

大学での課外活動に積極的に取り組んだ人ほど、社会人基礎力が高い - GIGAZINE

Googleの面接試験、一体どのような質問をされるのか? - GIGAZINE

なんでも「あとでやる」としてしまう人が知るべき10個の真実 - GIGAZINE

in お知らせ,   コラム, Posted by darkhorse