小気味よい打鍵音が聞こえてきそうなタイプライター風キーボード


もはや一般の人がお目にかかることはほとんどなくなってしまい、懐かしい映画の中の存在になってしまった感のあるタイプライター。かつては手書き文書を清書する際や口述筆記に必須のアイテムであり、タイプライターを打つタイピストは女性の代表的な職業だったこともあります。

そんな時代を思い出させるような、カシャカシャという小気味よい打鍵音のしそうなタイプライター風のキーボードです。ただの見せかけのガジェットではなく、ちゃんと使われているものだそうです。

詳細は以下から。
Datamancer.net - Technical Art and Steampunk Contraptions

シックなデザイン。


ちゃんとテンキーまでついています。


キーストロークは深め。


スペースキーには「CINEMA 16:9」の刻印。


ペンシルベニア州にあるCinema 16:9というお店で実際に使われているそうです。

・関連記事
DELLのキーボード配列がおかしいことが判明 - GIGAZINE

銀色に光るキーボードそのものがパソコンになっている「Eee Keyboard PC」 in CeBIT 2009 - GIGAZINE

超上級者向け、真っ白なキーボードが登場 - GIGAZINE

ちょっとパソコンが苦手な女の子向けキーボード「KEYBOARD for Blondes」 - GIGAZINE

サルが長い時間キーボードを叩き続けるとシェイクスピアの作品を打ち出すという「無限の猿定理」 - GIGAZINE

役立たずのCapsLockキーを撲滅するキャンペーン - GIGAZINE

インパクトあふれるオリジナルPCケースの数々 - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by logc_nt