メモ

OpenAIは過去6カ月で年間収益が2倍以上の5330億円に成長したとの報道


年換算したOpenAIの売上高が、過去6カ月で2倍以上の34億ドル(約5330億円)になったとの試算結果を、海外メディアのThe Informationが発表しました。このうち、OpenAIが他社を通じてAI製品を提供することによる間接的な利益がわずかであることから、収益の大部分はOpenAIが自社で提供しているサブスクリプションサービスやAPIによるものだと指摘されています。

OpenAI’s Annualized Revenue Doubles to $3.4 Billion Since Late 2023 — The Information
https://www.theinformation.com/articles/openais-annualized-revenue-doubles-to-3-4-billion-since-late-2023

OpenAI's revenue is reportedly booming
https://www.engadget.com/openais-revenue-is-reportedly-booming-230324957.html

伝えられるところによると、2024年5月のOpenAIの月間収益から推算した同社の年間収益は34億ドルで、半年前の16億ドル(約2510億円)から倍増しているとのこと。また、1年前の10億ドル(約1570億円)と比較すると3倍以上となっています。

OpenAIは、企業向けクラウドプラットフォーム・Azureを通じて提供した大規模言語モデルの収益の一部をMicrosoftから分配されていますが、その額はわずか2億ドル(約310億円)ほどに過ぎません。


そのため、OpenAIの収益の大半はChatGPTのサブスクリプションサービスと、同社の大規模言語モデルをアプリやサービスで使用している開発者から得た利益だと推測されています。

OpenAIの広報担当者はThe Informationに対し、報道は「不正確」だと述べましたが、具体的にどう違うのかについては説明しませんでした。


飛ぶ鳥を落とす勢いのOpenAIは、人事戦略も積極化しており、2024年6月10日には地元特化型SNS・Nextdoorの元CEOであるサラ・フライアー氏を最高財務責任者に、衛星画像サービス・Planet Labsの製品および事業担当社長を務めた経歴を持つケビン・ワイル氏を最高製品責任者に任命したことを発表しています。

サム・アルトマンCEOは「サラとケビンは、OpenAIが事業規模を拡大し、次の成長段階に向けて戦略を編みだし、チームが継続して成長するのに必要なリソースの確保を可能とする、深い経験をもたらしてくれるでしょう」と述べて、両名の起用がOpenAIをさらに成長させるとの見通しを示しました。

また、OpenAIはインフラ面での整備も進めており、6月11日にはOracleのAIインフラであるOracle Cloud Infrastructure(OCI)を採用することが発表されました。このニュースが業界にもたらしたインパクトは、Oracleの2024年第4四半期決算が事前予想を下回ったにもかかわらず、OpenAIとの提携が明らかになったことで株価が急騰したほどです。


Oracleの会長兼最高技術責任者のラリー・エリソン氏は、「世界最高の大規模言語モデルの開発競争が始まっており、Oracleの第2世代AIインフラに対する無限の需要も高まっています。OpenAIのようなリーダーがOracleのクラウドを選んだのも、OCIが世界最速かつもっともコスト効率に優れたAIインフラだからでしょう」と話しました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
OpenAIが2024年5月13日にGoogleのライバルとなる「AI検索エンジン」を発表するとの報道 - GIGAZINE

OpenAIとGoogle DeepMindのスタッフが「AI企業の暴走」を警告する公開書簡に署名 - GIGAZINE

OpenAIがGPT-4の思考を1600万個の解釈可能なパターンに分解できたと発表 - GIGAZINE

AppleはChatGPT統合に関してOpenAIに金銭を支払っていないが将来的に収益分配システムを構築予定との報道 - GIGAZINE

イーロン・マスクがOpenAIに対する訴訟を取り下げ - GIGAZINE

in メモ, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.