ソフトウェア

AppleがApple IDのブランド名を「Apple Account」に変更


2024年秋リリース予定のiOS 18、iPadOS 18、macOS Sequoia、watchOS 11から、「Apple ID」の名称が「Apple Account」に変更されることがわかりました。

New features come to Apple services this fall - Apple
https://www.apple.com/newsroom/2024/06/new-features-come-to-apple-services-this-fall/


'Apple ID' Renamed to 'Apple Account' Across iOS 18 and Other Updates - MacRumors
https://www.macrumors.com/2024/06/11/apple-id-renamed-to-apple-account/

Apple IDは、App StoreやApple Music、iCloud、iMessage、FaceTimeなど、Appleのサービスを利用するときに使うアカウントです。Apple IDを作成してサインインすると、音楽の購入やアプリダウンロード、AppleOnline製品登録、AppleCareサポート情報の閲覧など、Appleに関連するさまざまな情報を管理することができます。


Appleは、iOS 18、iPadOS 18、macOS Sequoia、watchOS 11のリリースに伴い、このApple IDを「Apple Account」へ変更すると発表しました。

変更の理由として、Appleは「Appleのサービスやデバイス間で一貫したサインイン体験を提供するため」と説明しています。


名称が変更されるだけで、情報自体はユーザーの既存の認証情報に依存するため、ユーザーが何か変更しなければならないというわけではありません。

Apple IDの名称変更や、AppleのパーソナルAI「Apple Intelligence」搭載などの新機能をひっさげたiOS 18やiPadOS 18は2024年秋にリリースされる予定です。記事作成時点でApple Developer Programを通じてデベロッパー向けベータ版が提供されていて、このバージョンで名称変更の形跡が確認できるそうです。

その他の新機能などのまとめは、以下の記事からアクセスできます。

AppleのパーソナルAI「Apple Intelligence」やiOS 18・macOS Sequoia・iPadOS 18・watchOS 11・visionOS 2・tvOS 18が発表されたWWDC24まとめ - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「visionOS 2」が登場、Apple Vision Proの空間コンピューティングを進化させる最新OS - GIGAZINE

「iOS 18」が登場、アプリアイコンを自由に配置したり好みのカラーにカスタマイズしたりが可能なより自由度の高いOSに - GIGAZINE

「watchOS 11」が登場、手首で手軽に音声認識&翻訳できる機能など - GIGAZINE

「iPadOS 18」が登場、史上最強のiPadに合わせてOSも大胆に進化 - GIGAZINE

「macOS Sequoia」が発表、MacでiPhone画面のミラーリングなど高度な連携機能で魔法のような体験が可能に - GIGAZINE

Appleが新たなパーソナルAIの「Apple Intelligence」を発表、OpenAIとの提携でSiriがChatGPTをサポート - GIGAZINE

首を振るだけで「はい」「いいえ」を伝えられるAirPodsの新機能やtvOS 18のアップデートなどAppleの「Audio&Home」まとめ - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by log1p_kr

You can read the machine translated English article here.