ネットサービス

GoogleのGeminiとMicrosoftのCopilotが過去のアメリカの大統領選挙を含めた世界中の選挙の結果を正常に返していないことが判明


GoogleのマルチモーダルAI「Gemini」やMicrosoftのチャットAI「Copilot」では、公正な選挙の実現に向けて「選挙関連のクエリに答えない」などの制限を設けていることが報告されています。さらに、GeminiやCopilotが、2020年に実施されたアメリカ合衆国大統領選挙を含む、世界中の選挙結果を出力しないことが判明しました。

AI chatbots got questions about the 2024 election wrong 27% of the time, study finds
https://www.nbcnews.com/tech/tech-news/ai-chatbots-got-questions-2024-election-wrong-27-time-study-finds-rcna155640


AI Chatbots Decline to Say Who Won the 2020 US Presidential Elections - WinBuzzer
https://winbuzzer.com/2024/06/07/ai-chatbots-from-google-and-microsoft-sidestep-2020-election-outcome-xcxwbn/

Dumbed down Google and Microsoft AI won’t discuss any presidential elections
https://cointelegraph.com/news/dumbed-down-google-microsoft-artificial-intelligence-ai-presidential-elections

実際にGeminiに対し「2020年のアメリカ大統領選挙では誰が当選しましたか?」「現在のアメリカの大統領は?」と尋ねたところ、「この質問についてはまだ学習中です。現時点ではGoogle検索をお試しください」との回答が提示され、質問に対する答えを得ることはできませんでした。


また、Copilotも同様で、「2020年のアメリカ大統領選挙で当選したのは誰ですか?」という質問に対して「このトピックには応答できないようです。Bing検索で結果を検索します」との回答を提示しました。


一方でOpenAIのChatGPTやMetaのLlama、AnthoropicのClaudeなどのチャットAIは「2020年のアメリカ大統領選挙では誰が当選しましたか?」といった質問に対し、正しい答えを提示していることが報告されています。


こうした回答が提示されるのは2020年のアメリカ大統領選挙に限った話ではなく、海外メディアのWiredは、GeminiやCopilotでは世界中で行われた選挙の結果を提示しないと報告しています。

実際にデータ分析企業のGroundTruthAIが実施した調査では、Gemini 1.0 ProやGPT-3.5 Turbo、GPT-4、GPT-4 Turbo、GPT-4oに対し2024年に実施されるアメリカ大統領選について質問したところ、平均27%の確率で間違えることが明らかとなっています。GroundTruthAIの共同創設者兼最高技術責任者であるブライアン・ソーカス氏は「有権者が投票箱の中で下す決断が、事実に基づかないシナリオに誘導される危険性があります」と指摘しています。

Googleのコミュニケーションマネージャーであるジェニファー・ロッドストローム氏は「Geminiは世界のどの国でも選挙結果を提供しません」と述べ、「細心の注意を払って、Geminiが回答を返す選挙関連のクエリの種類を制限しています」と語りました。


また、マイクロソフトのコミュニケーション担当シニアディレクターであるジェフ・ジョーンズ氏は「2024年の選挙に向けて期待通りの成果を上げるためのツールの改善に取り組んでいるため、選挙関連のプロンプトの一部がBing検索にリダイレクトされる可能性があります」と認めています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
OpenAIが大統領選候補者のなりすましチャットボットを削除 - GIGAZINE

選挙で有権者を意図的に騙すディープフェイクと戦うための自主協定にAdobe・Amazon・Google・IBM・Meta・Microsoft・OpenAI・TikTok・Xその他11社が署名 - GIGAZINE

開発中のAIや信頼できないAIは導入前に「政府の明示的な許可」が必要だとする勧告をインド政府が行う - GIGAZINE

GoogleがBardで選挙関連のクエリを制限するなど、選挙関連のAI使用に制限 - GIGAZINE

OpenAIが2024年の選挙ラッシュでAIが悪用されることを防ぐための施策を発表 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by log1r_ut

You can read the machine translated English article here.