試食

海鮮の豊かなうま味とピリ辛キムチの風味が相性抜群で食欲をそそる「カップヌードル コク辛海鮮キムチチゲ」を食べてみた


日清食品が世界各国の料理をカップヌードル風にアレンジした「世界のカップヌードル」シリーズに、2024年5月13日(月)から「カップヌードル コク辛海鮮キムチチゲ」が加わりました。海鮮のうま味と唐辛子の辛さ、そしてキムチの酸味を程よくきかせて「コク辛」な味わいに仕上げたとのことで、どんなカップヌードルになっているのか実際に食べて確かめてみました。

「カップヌードル コク辛海鮮キムチチゲ」(5月13日発売) | 日清食品グループ
https://www.nissin.com/jp/news/12517

「カップヌードル コク辛海鮮キムチチゲ」のパッケージはこんな感じ。


原材料名を見ると、スープには「あさり調味料」「みそ調味料」「豚脂」「魚醤」「オイスターソース」「にぼし粉末」などが使われており、かやくには「はくさいキムチ」「いか」「味付卵」「赤唐辛子」「にら」が入っていることがわかります。


カロリーは1個あたり336kcal。


カップのフタを開けると、乾麺の上にスープの粉末や具材がのっているのがわかります。


内側の点線までお湯を注ぎ、3分間待ちます。


3分待ったら完成です。フタを開けるとキムチと海鮮らしい食欲をそそる香りが漂ってきます。


透き通ったスープを口に含むと、程よい塩気と唐辛子のピリッとした辛みを感じ、あさりベースのコクのあるうま味もじんわりと口の中にしみ出してきます。


縮れた細麺はスープとよく絡んで相性抜群。すすればすするほど体の奥からじんわりと温まってきます。ものすごく辛いというわけではありませんが、スープや麺と共に小さな唐辛子も口に入ってきて常にピリピリした辛みを感じるため、辛いものが苦手という人は気をつけた方がよさげ。


自然な酸味を感じるはくさいキムチのシャキッとした食感や歯ごたえのあるいか、スープをよく吸った味付卵などの具材もチゲらしさを引き立てており、クオリティの高い海鮮キムチチゲ風のカップヌードルに仕上がっていました。


「カップヌードル コク辛海鮮キムチチゲ」は2024年5月13日(月)から全国の小売店や通販で購入可能となっており、希望小売価格は1食あたり税別236円。また、記事作成時点ではAmazon.co.jpでも購入可能となっており、価格は12個セットで税込2374円(1個あたり約198円)となっていました。

Amazon | 日清食品 カップヌードル コク辛海鮮キムチチゲ [韓国料理の定番スープ] カップ麺 74g ×12個 | カップヌードル | ラーメン 通販

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
いつものソースと濃厚なイカスミソースを同時に楽しめる「ペヤング 超大盛やきそばハーフ&ハーフイカスミ」試食レビュー - GIGAZINE

爽快な柚子の香りとピリッと辛い青唐辛子が効いた「日清のどん兵衛 特盛 柚子こしょうで食べる旨だし塩焼うどん」を食べてみた - GIGAZINE

卵とじと甘辛いみそがロースカツをワンランク上に昇華させる「ねぎ味噌ロースカツ丼」をかつやで食べてみた - GIGAZINE

4枚の肉と6枚のチーズを腹にぶち込み飢えを満たすバーガーキングの「アグリー ザ・ワンパウンダー」試食レビュー - GIGAZINE

館山産素材を使った辛口カレー揃いの「たてやま海自カレー」を千葉県館山市で食べてきた - GIGAZINE

2つのソースが炭火焼きビーフパティのうまみを引き立てるバーガーキングの「バディーバーガーセット」全3種を食べてみた - GIGAZINE

漆黒の濃厚ピリ辛カレー&衣カリカリ厚切りロースかつの相性が良すぎる「ロースかつ黒カレー」を松のやで食べてきた - GIGAZINE

甘酸っぱい油淋鶏ソースが決め手の「油淋鶏チーズチキンタツタ」&「ごはんチキンタツタ 油淋鶏チーズ」試食レビュー - GIGAZINE

東京スタジアム建設以前から存在する下町の味・コロッケパンを南千住の「青木屋」で食べてきた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1h_ik

You can read the machine translated English article here.