サイエンス

マルチビタミンのサプリを飲むと記憶力と認知能力の低下を防ぐことができる可能性


普段の食生活で不足しがちな栄養素を補うため、さまざまなビタミンを配合したマルチビタミンのサプリを服用しているという人もいるはず。合計5000人以上を対象にした新たな研究では、マルチビタミンを服用することで記憶力や認知能力の低下を防ぐことができるかもしれないと示唆されました。

Effect of multivitamin-mineral supplementation versus placebo on cognitive function: results from the clinic subcohort of the COcoa Supplement and Multivitamin Outcomes Study (COSMOS) randomized clinical trial and meta-analysis of 3 cognitive studies within COSMOS - ScienceDirect
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0002916523663427


Third Major Study Finds Evidence that Daily Multivitamin Supplements Improve Memory and Slow Cognitive Aging in Older Adults | Mass General Brigham
https://www.massgeneralbrigham.org/en/about/newsroom/press-releases/multivitamins-improve-memory-and-slow-cognitive-aging

'Strong And Consistent Evidence' Links Multivitamins to Memory And Cognitive Benefits : ScienceAlert
https://www.sciencealert.com/strong-and-consistent-evidence-links-multivitamins-to-memory-and-cognitive-benefits

アメリカの医療研究機関であるマス・ジェネラル・ブリガムコロンビア大学などの研究チームは、60歳以上の被験者573人を対象に、2年間にわたって対面式の認知テストを実施しました。被験者は4つのグループに分けられ、カカオ抽出物サプリ・マルチビタミンサプリ・偽薬のさまざまな組み合わせが与えられたとのこと。

認知テストの結果と服用したサプリの組み合わせを分析した結果、マルチビタミンのサプリは統計的に有意なレベルの認知能力に対するメリットと、エピソード記憶の大きな向上に関連していることがわかりました。


さらに、研究チームはこの対面式テストの結果と、60歳以上の高齢者4630人を対象に電話とオンラインテストで実施された2つの先行研究を組み合わせ、合計5203人を対象にしたメタアナリシスを行いました。その結果、マルチビタミンが全体的な認知能力とエピソード記憶にメリットをもたらす証拠が示されたことから、マルチビタミンは偽薬と比較して認知的老化を平均2年分遅らせたと研究チームは推定しています。

論文の筆頭著者であり、マス・ジェネラル・ブリガムの精神科医であるチラグ・ヴィアス氏は、「3つの異なる認知研究のメタアナリシスは、20種類以上の必須微量栄養素を含むマルチビタミンを毎日摂取することが、記憶の喪失と認知的老化を遅らせる助けになるという強力で一貫した証拠を示しています」と述べています。


今回の研究結果は、直接的な因果関係を証明するには十分ではないものの、マルチビタミンのサプリが健康上の利点をもたらすと主張するには十分な規模だと研究チームは考えています。なお、被験者の人種的多様性に乏しい点や、いずれも60歳以上だった点で研究には制限があったことも指摘されており、他のグループでも同様の結果が得られるのかどうかを知るにはさらに研究が必要です。

また、記事作成時点では、マルチビタミンのサプリに含まれているどの栄養素が最も脳に影響を及ぼすのかはわかっていません。研究チームは今後、マルチビタミンが認知能力に影響を及ぼすメカニズムについて、さらに掘り下げたいとしています。

マス・ジェネラル・ブリガムの疫学者であるハワード・セッソ氏は、「栄養状態やその他の加齢に関連する要因にも目を向けて、日々のマルチビタミンサプリの摂取が記憶力や認知能力の低下を防ぐメカニズムを理解することが重要です」とコメントしました。

ヴィアス氏は、「ほとんどの高齢者にとって、認知能力の低下は健康上の最大の懸念事項のひとつです。マルチビタミンのサプリを毎日摂取することは、認知的な老化を遅らせるための魅力的で身近なアプローチとしての可能性を秘めています」と述べました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「西洋型の食生活」がアルツハイマー病のリスクになるとの研究結果、認知症の予防に重要な食べ物やサプリも判明 - GIGAZINE

自分へのご褒美として「不健康な食事」を取ると脳の認知機能に影響が出るとの研究結果 - GIGAZINE

ジャンクフードやお菓子などの「超加工食品」は認知機能の低下に関与しているのか? - GIGAZINE

健康に長生きするためには41種類の「長寿栄養素」の摂取が重要 - GIGAZINE

「マルチビタミンサプリを毎日服用することで高齢者の記憶力が向上する可能性がある」という研究結果が発表されるも効果はごくわずか、被験者の偏りや食生活の影響を鑑みないことから批判の的に - GIGAZINE

マルチビタミンを飲んでも健康には特に寄与しないという研究結果 - GIGAZINE

マルチビタミンのサプリは心臓病や脳卒中にまるで効果なしと判明 - GIGAZINE

サプリでは栄養素を適切に補えず過剰摂取時には死亡リスクを高めることもあるという研究結果 - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by log1h_ik

You can read the machine translated English article here.