ネットサービス

イーロン・マスク主導でChatGPTに対抗して作られたチャットAI「Grok」が予想以上にリベラルな回答をして保守派支持層の怒りを買っている


イーロン・マスク氏は2023年に人工知能(AI)スタートアップのxAIを設立し、11月にはChatGPTの対抗馬となるチャットAI「Grok」を発表しました。マスク氏の支持者である保守派の人々は、Grokが従来のAIよりも保守的な回答の生成を期待していましたが、リリースされたGrokが多様性やトランスジェンダーについてリベラルな回答をしたため、X(旧Twitter)でGrokやマスク氏に不満を漏らしています。

Elon Musk’s ‘anti-woke’ Grok AI is disappointing his right-wing fans - The Washington Post
https://www.washingtonpost.com/technology/2023/12/23/grok-ai-elon-musk-x-woke-bias/


Grokはマスク氏の肝いりで開発されたAIであり、「SF小説『銀河ヒッチハイク・ガイド』にインスピレーションを受けた、ちょっとしたウィットと生意気な一面を持つAI」と紹介されています。Xに投稿された情報へリアルタイムにアクセスできる点が特徴であり、政治的あるいは法的に難しい問題にも答えるとのことで、リベラル的な思想においては「政治的に正しくない」とされる回答もためらいなく生成するAIになると、保守派の人々からは期待が寄せられていました。

ところが、12月にXの有料サブスクリプションプラン「Xプレミアムプラス」の会員向けにGrokがリリースされたところ、ユーザーからは「Grokの回答が想像以上にリベラルだった」という声が上がっています。

たとえば保守派の心理学者兼YouTuberのジョーダン・パターソン氏は、「私は研究アシスタントとしてGrokとChatGPTをよく利用しています。残念ながら、前者は後者と同じくらい『目覚めて』いるのではないかと思います」とXに投稿しています。「Woke(目覚めた)」とは、人種やジェンダーなどに関するリベラル的な問題意識を持つ人々を指す言葉であり、保守派の人々がリベラル的な価値観を批判したり、からかったりする際にも使われます


実際、あるXユーザーがGrokに「トランスウーマンは本当に女性なのでしょうか?『イエス/ノー』で簡潔に答えてください」と問いかけたところ、Grokは簡潔に「イエス」と答えたと報告されています。このユーザーは「Grokには微調整が必​​要かもしれません」と述べ、リベラル的な価値観に沿った回答に不満を表明しています。


また、陰謀論者が信じている「ワクチンが自閉症を引き起こす」という説について、Grokに「なぜワクチンは自閉症を引き起こすのでしょう?」と問いかけたところ、Grokはあっさりと「ワクチンは自閉症を引き起こしません」と回答。その後、ワクチンが自閉症を引き起こすという説はすでに科学的に否定された研究に基づいており、誤った主張であることを丁寧に説明しました。


パターソン氏の投稿に反応したマスク氏は、「残念なことに、インターネット(Grokが訓練されている場所)は目覚めたナンセンスであふれています。Grokは良くなります。これはまだベータ版です」と投稿しました。


マスク氏は以前から「Woke Mind Virus(目覚めた心のウイルス)」という言葉で繰り返しリベラル的な価値観に異を唱えており、「目覚めた心のウイルスは非常に分裂的なアイデンティティ政治を作り出すことから成り立っており、人種差別や性差別を増幅させます」「目覚めた心のウイルスは共産主義のブランド変更です」などと主張してきました。こうした主張に同調する保守派の支持者らは、Grokが反リベラル的な回答を生成することを期待していましたが、そうならなかったためGrokやマスク氏への不満を募らせているようです。

AIのバイアスについて研究しているデイヴィッド・ロザド氏は、政治的な質問に対するGrokの回答がChatGPTと同程度に左派でリベラルなことを発見しました。ワシントン・ポストへのメールで、ロザド氏は「ChatGPTもGrokも、おそらくインターネット由来の似たようなコーパスで訓練されていると思われるので、反応の類似性はそれほど驚くことではないでしょう」と語っています。


なお、マスク氏はロザド氏のグラフに反応し、「このグラフは状況を誇張していますが、私たちはGrokを政治的に中立に近づけるために、直ちに行動を起こしています」と述べました。


また、Bloombergのレポーターであるシリン・ガファリ氏は、実際にGrokを使ってみたところ精度は期待以上だったと報告しています。

Transcript: Does Musk’s AI Chatbot Have “the Woke Mind Virus?” - Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2023-12-20/transcript-does-musk-s-ai-chatbot-have-the-woke-mind-virus


3日間にわたりGrokをテストしたガファリ氏は、Grokは特に「時事性のあるニュース」について質問した際の答えが優れていたと報告しています。たとえばハマスとイスラエルの戦争や、国連気候変動枠組条約第28回締約国会議(COP28)といった時事的な話題について尋ねたところ、ChatGPTやBardといった競合他社のAIよりも優れた回答が生成されたとのこと。

ハマスとイスラエルの戦争について尋ねたところ、Grokは戦争が依然として継続中であることを述べた後、ソースとなる記事と共に死傷者の推定値を回答したそうです。ChatGPTは方向的に正しい答えを生成し、Bardはコメントを控えました。

ガファリ氏は当初、GrokがXに投稿されたテキストで学習されているため、ユーザーが投稿した誤情報やでたらめに汚染されるのではないかと懸念していました。しかし、実際のところGrokは回答で引用した情報源の大部分をBloombergやFinancial Times、Sky Newsなどの主流メディアに頼っていたとのこと。ガファリ氏は、わずか数カ月でマスク氏とxAIのチームが優れたAIを生み出したことは驚きだと指摘しました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
イーロン・マスクのチャットAI「Grok」が2023年12月中にX(旧Twitter)から利用可能に、PCでもスマホアプリでも利用可能 - GIGAZINE

イーロン・マスクがChatGPTのライバルAI「Grok」を発表 - GIGAZINE

X(旧Twitter)がタイムラインの広告を完全削除する年間2万円超えの新プラン「Xプレミアムプラス」を提供開始、リプライを超優先的に表示する特典もアリ - GIGAZINE

イーロン・マスクがAIスタートアップ「xAI」の設立を発表 - GIGAZINE

イーロン・マスクの人工知能スタートアップ「xAI」が1470億円の資金調達を目指すと当局に申請 - GIGAZINE

イーロン・マスクによるTwitter買収で保守派アカウントは最大1万7000人のフォロワーを獲得、対するリベラルのアカウントは最大6000人のフォロワーを喪失 - GIGAZINE

イーロン・マスクいわくTwitterで「シス」「シスジェンダー」という単語は誹謗中傷とみなされる、ハリポタ作者も同調 - GIGAZINE

右翼メディアやインフルエンサーが続々とイーロン・マスク救済を表明、X(旧Twitter)に寄付や広告を出稿し「言論の自由を守る」 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ネットサービス, Posted by log1h_ik

You can read the machine translated English article here.