試食

甘酸っぱいイチゴとパリパリチョコでトリュフを再現したハーゲンダッツの「ミニカップ『苺のトリュフ』」試食レビュー


ストロベリー風味のトリュフチョコレートを再現したハーゲンダッツの「ミニカップ『苺のトリュフ』」が、2023年12月5日(火)に登場しました。完熟イチゴとミルクが溶け合ったクリーミーなストロベリーアイスに、甘酸っぱいストロベリーソースとパリパリ食感が楽しいチョコチップをプラスしたという期間限定フレーバーが気になったので、実際に買って食べてみました。

苺のトリュフ|商品情報|ハーゲンダッツ ジャパン Häagen-Dazs
https://www.haagen-dazs.co.jp/products/special/strawberry-truffle/

✨????本日発売✨????

ミニカップ『#苺のトリュフ』が本日より期間限定新発売????

クリーミーなストロベリーアイスクリームに、華やかな味わいのストロベリーソースと、パリパリ楽しいチョコチップ????
ご褒美にふさわしい、ぜいたくな味わいです????

苺大好き!という方は、リポスト????#ハーゲンダッツ pic.twitter.com/wiX3cOwt9Q

— ハーゲンダッツ (@Haagen_Dazs_JP)


これがハーゲンダッツの「ミニカップ『苺のトリュフ』」です。


原材料として、「ストロベリー果汁」「ストロベリーピューレ」「ストロベリーソース」が使われているほか、「チョコレートチップ」も記載されていました。


カロリーは1個110ml当たり262kcalです。


フタを開けるとこんな感じ。ベースとなっているストロベリーアイスクリームの中に、赤いストロベリーソースとチョコレートチップの粒が入っているのが見えます。


一口食べると、クリーミーなミルクと甘酸っぱいイチゴの味わいが口の中にふんわりと広がります。トリュフチョコレートは1粒が丸ごとクーベルチュールチョコレートに包まれているのに対し、「ミニカップ『苺のトリュフ』」では中に入っているチョコチップの存在感が小さめなので、トリュフチョコレートの再現度が高いかと聞かれると少し自信が持てませんが、チョコチップのパリパリした食感がいいアクセントになっているのは確か。ミルクのまろやかさとストロベリーのフルーティーな甘酸っぱさのバランスが主役となった上品な甘さに、思わずほっと一息ついてしまうようなアイスだと感じました。


「ハーゲンダッツ ミニカップ『苺のトリュフ』」は2023年12月5日(火)から全国の小売店で購入が可能で、価格は税込351円です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
生クリーム&ピーチ&茶葉でこってり甘い「キリン 午後の紅茶 TEA SELECTION クリーミーティーラテ」試飲レビュー - GIGAZINE

トリュフがほどよく香るファミマの中華まん「こんがりビストロまん とろ~り濃厚チキンクリーム味」試食レビュー - GIGAZINE

ほろ苦カカオとしっとり感が大人の味の「ブラックサンダー しっとり深みガトーショコラ」試食レビュー - GIGAZINE

甘酸っぱいいちごの香りがフワッと広がるメイトーの「農協ミルク いちご練乳」と「メイトー×ニッポンエール フローズンヨーグルト とちあいか」試食レビュー - GIGAZINE

ミスドの「大人のポン・デ・ショコラ 芳醇カカオ」&「大人のポン・デ・ショコラ 芳醇キャラメル」はほろ苦さを楽しむ大人スイーツでした - GIGAZINE

5種の果汁と緑茶を合わせた「伊右衛門 香る、果実」はフルーツの香りが華やかだが緑茶の存在感はほぼ皆無 - GIGAZINE

バターとレーズンの風味がしっとり食感で押し寄せる「ブラックサンダーひとくちサイズ しあわせレーズンバターサンド」試食レビュー - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 試食, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.