メモ

2023年にWikipediaで最も人気だった記事は「ChatGPT」、人気トップ25はこんな感じ


Wikipediaの運営元であるウィキメディア財団が、英語版Wikipediaで2023年に最も閲覧された記事をまとめています。なお、2023年の英語版Wikipediaの総閲覧数は840億回を超えたそうです。

Announcing Wikipedia's most popular articles of 2023 – Wikimedia Foundation
https://wikimediafoundation.org/news/2023/12/05/announcing-wikipedias-most-popular-articles-of-2023/


2023年に英語版Wikipediaで最も閲覧された記事のトップ25と、その閲覧数は以下の通り。

◆1:ChatGPT(日本語版):4949万406PV
◆2:Deaths in 2023(訃報 2023年):4266万6860PV
◆3:2023 Cricket World Cup(2023 クリケット・ワールドカップ):3817万1653PV
◆4:Indian Premier League(インディアン・プレミアリーグ ):3201万2810PV
◆5:Oppenheimer(映画オッペンハイマー):2834万8248PV
◆6:Cricket World Cup(クリケット・ワールドカップ):2596万1417PV
◆7:J. Robert Oppenheimer(ロバート・オッペンハイマー):2567万2469PV
◆8:Jawan(インドのアクションスリラー映画):2179万1126PV
◆9:2023 Indian Premier League:2069万4974PV
◆10:Pathaan(PATHAAN/パターン):1993万2509PV
◆11:The Last of Us(テレビドラマ版THE LAST OF US):1979万1789PV
◆12:Taylor Swift(テイラー・スウィフト):1941万8385PV
◆13:Barbie(映画バービー):1805万1077PV
◆14:Cristiano Ronaldo(クリスティアーノ・ロナウド):1749万2537PV
◆15:Lionel Messi(リオネル・メッシ):1662万3630PV
◆16:Premier League(プレミアリーグ):1660万4669PV
◆17:Matthew Perry(マシュー・ペリー):1645万4666PV
◆18:United States(アメリカ合衆国):1624万461PV
◆19:Elon Musk(イーロン・マスク):1437万395PV
◆20:Avatar: The Way of Water(アバター:ウェイ・オブ・ウォーター):1430万3116PV
◆21:India(インド):1385万178PV
◆22:Lisa Marie Presley(リサ・マリー・プレスリー):1376万4007PV
◆23:Guardians of the Galaxy Vol. 3(ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3):1339万2917PV
◆24:Russian invasion of Ukraine(2022年ロシアのウクライナ侵攻):1279万8866PV
◆25:Andrew Tate:1272万8616PV

2023年に最も人気だった英語版Wikipediaの記事はChatGPTでした。ChatGPTは2022年11月30日に公開されたため、リリースから1周年を迎えたばかり。わずか1年でユーザー数は1億人を超えており、「世界中の見出しを独占し、人工知能(AI)の役割を変化させ、人類とテクノロジー分野への潜在的な影響、AIの背後にある倫理をめぐる議論を引き起こしました」とウィキメディア財団は記しています。

WikipediaのChatGPT記事も2023年の上半期を通じて驚くほど安定したレベルの注目を集め、PVは1日平均10万~40万PVの範囲で安定していたそうです。なお、Wikipediaにはさまざまな言語版が存在しますが、すべての言語版を合計するとChatGPTの記事だけで7800万PVを超える閲覧数を獲得しています。


スポーツ分野で特に人気を集めたのがクリケットです。ウィキメディア財団が1年間のWikipedia人気記事を集計し始めたのは2015年からだそうですが、トップ25にクリケット関連記事がランクインしたのは2023年が初めて。しかし、2023年の人気記事トップ25では全体の16%がクリケット関連の記事で占められています。2023年に3番目に閲覧数が多かった「2023 Cricket World Cup」は、2022年と比べて閲覧数が304%も増加しており、2023 Cricket World Cupの決勝トーナメント当日には閲覧数が125万PVを超えたそうです。

映画分野で最も注目をあつめたのはオッペンハイマーでした。バービーは映画の興行収入でオッペンハイマーを約50%も上回りましたが、英語版Wikipediaの記事閲覧数ではオッペンハイマーがバービーを約57%上回っています。オッペンハイマーに対する関心は英語圏のユーザーに限らず、全言語版を含めると4700万PV以上の閲覧数になるそうです。

◆フォーラム開設中
本記事に関連するフォーラムをGIGAZINE公式Discordサーバーに設置しました。誰でも自由に書き込めるので、どしどしコメントしてください!Discordアカウントを持っていない場合は、アカウント作成手順解説記事を参考にアカウントを作成してみてください!

• Discord | "最近、Wikipediaでどんなワードを調べた?" | GIGAZINE(ギガジン)
https://discord.com/channels/1037961069903216680/1181887660202151976

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
英語版Wikipediaの2022年閲覧数トップは「ワールドカップ」や「ウクライナ侵攻」を差し置いて「クレオパトラ」 - GIGAZINE

日本語版Wikipediaの情報は少数のユーザーによってゆがめられているという指摘 - GIGAZINE

Wikipedia公式の「不毛なWikipedia編集合戦」事例集 - GIGAZINE

Wikipediaが10年以上ぶりにインターフェースを更新 - GIGAZINE

Wikipediaの記事をすべてダウンロードしていつでもオフラインで閲覧&検索する方法 - GIGAZINE

Wikipediaに「架空のロシアの歴史」を10年にわたり1人の女性が書き込み続けていたことが判明、「小説家になるべき」との声も - GIGAZINE

in メモ, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.