ネットサービス

キノコ専門家がAmazonで売られている「AIが書いたキノコ採りガイド」を買わないよう呼びかけ、命に関わる危険も


近年はテキスト生成AIの発達により、Amazonなどの電子書籍販売プラットフォームで「AIが執筆した書籍」が多数販売されており、中にはAIが書いた「キノコ採りガイド」も存在します。ところが、「こうした書籍に含まれるアドバイスには危険なものもあるため買うべきではない」とキノコ採り専門家が警告していると、イギリスの大手新聞であるThe Guardianが報じています。

Mushroom pickers urged to avoid foraging books on Amazon that appear to be written by AI | Fungi | The Guardian
https://www.theguardian.com/technology/2023/sep/01/mushroom-pickers-urged-to-avoid-foraging-books-on-amazon-that-appear-to-be-written-by-ai


The Guardianによると、Amazonではチャットボットが執筆したと思われる野生のキノコ採りに関するガイド本が多数販売されているとのこと。AI製キノコ採りガイド本のタイトルには、「Wild Mushroom Cookbook: form [sic] forest to gourmet plate, a complete guide to wild mushroom cookery(野生のキノコ料理本:森からグルメプレートへ、野生のキノコ料理完全ガイド)」「The Supreme Mushrooms Books Field Guide of the South-West(南西部の至高の野生キノコ本フィールドガイド)」といったものがあるそうです。

AIが書いたと思われるキノコ採りガイドから抽出した4つのサンプルについて、The GuardianがAIコンテンツ検出ツールを提供するアメリカ企業のOriginality.aiに調査を依頼したところ、すべてのサンプルについてAI検出スコアが「100%」を記録しました。つまり、いずれの本もAIによって書かれた可能性が限りなく高いと、Originality.aiは判断したということです。

これらのキノコ採りガイドには、「焼きたてのキノコの甘い香りが空気中に漂い、母との優しい思い出がよみがえりました」「野生のキノコを採集することは、自然の豊かさや膨大な花のタペストリーと私たちを結びつける、深い実りのある体験です」など、それっぽく聞こえるものの意味がわかりにくい文章が含まれているとのこと。


イギリスのキノコ採りガイド兼フィールド菌類学者であるレオン・フレイ氏が見たサンプルには、食べられるキノコを識別する方法として「匂いと味」を参考にするというアドバイスが含まれていたとのこと。

当然ながら、毒キノコを「味」で識別しようとすればその時点で毒に当たってしまうため、これは非常に危険なアドバイスです。フレイ氏は、「この本はキノコの識別方法としてテイスティングを奨励しているようです。これは絶対にあってはなりません」と警告しています。カナダ・カールトン大学の菌類学者であるマイロン・スミス教授は、これらの本は完全に無責任だと非難し、「食用と非食用のキノコの違いには非常に微妙なものもあり、それを見分けるには経験豊富な目と知識が必要です」と述べました。

また、中には食用ではあるもののイギリスでは保護の観点から採取が禁止されているキノコを「採れる」と書いてあるものもあったそうで、フレイ氏は「信頼できるソースの本を選ぶことをオススメします」と主張しています。キノコに関する非営利団体のNew York Mycological Society(ニューヨーク菌学会)も、AI製のキノコ採りガイド本は人の命を奪う危険性があると警告しています。

????: PSA Alert!
????: link in bio@Amazon and other retail outlets have been inundated with AI foraging and identification books.

Please only buy books of known authors and foragers, it can literally mean life or death. pic.twitter.com/FSqQLDhh42

— newyorkmyc (@newyorkmyc)


The Guardianが危険なAI製キノコ採りガイド本についてAmazonに連絡したところ、広報担当者は注意喚起された本についてレビューを行っていると回答。「私たちはこのような問題を真剣に受け止め、安全なショッピングと読書体験を提供することに尽力しています。私たちはこれを調査しています」と、広報担当者は述べました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
木が大地を覆うずっと前の地球は8メートル級の巨大キノコに覆われていたという説 - GIGAZINE

「木と一緒にキノコを栽培すること」が食糧問題と気候問題をまとめて解決する一手になる可能性 - GIGAZINE

キノコをコンピューターの一部として使うことの利点とは? - GIGAZINE

「ChatGPTで執筆した書籍」がAmazonで大量に売られている - GIGAZINE

AIが書いた本がAmazonで他人名義で販売されているという報告、名前が使われた著者は「これなら自分の本が海賊版で出回った方がマシ」と訴え - GIGAZINE

Amazonで高評価の「NFT解説本」を買ったらAIが自動生成したつっこみどころ満載の本だった - GIGAZINE

AIが偽の研究を量産する「論文工場」との戦いが激化している - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ネットサービス,   , Posted by log1h_ik

You can read the machine translated English article here.