レビュー

ロジクールの薄型&高機能でフルサイズのハイエンドワイヤレスキーボード「MX KEYS S」フォトレビュー


ロジクール製キーボード・マウスのフラッグシップモデルである「MXシリーズ」から、ワイヤレスキーボードの「MX KEYS S」が2023年6月8日に発売されました。MX KEYS Sは2019年9月に発売された「MX KEYS」をアップデートし、Logi Boltワイヤレステクノロジーに対応したモデルとなっています。そんなMX KEYS Sがどんなキーボードなのか、まずは各部をじっくり眺めたり実際に触ったりしてみました。

MX Keys Sキーボードを購入 - フルサイズまたはミニ | を購入ロジクール
https://www.logicool.co.jp/ja-jp/products/keyboards/mx-keys-s.html

MX KEYS Sの化粧箱はこんな感じ


そして箱を開けて入っていたのが、MX KEYS S本体です。本体色はグラファイトとペイルグレーがあり、今回チェックするのはグラファイトの方です。


真上から撮ってみたところ。大きさは幅430.2mm×高さ131.63mmで、重量は810g。フルサイズのキーボードで大きさと重量はそれなりにあり、持ち歩くよりは机の上に据え置いて使う方が適しているサイズです。


キーはMX KEYSと同様に、中央が球状にくぼんでいて、指を置きやすい形状になっています。


実測したところ、キーピッチは19mmでした。


キーストロークは2mm弱。公称では1.8mmでした。


実際にMS KEY Sのキーをたたいてみたところが以下のムービー。指先でしっかりとキーを押せている感覚が気持ち良く、静音性が高く、カチカチという甲高い音が部屋に響くことはありませんでした。

【レビュー】ロジクール MX KEYS Sの打鍵音はこんな感じ - YouTube


手前部分はこんな感じ。ボディはメタルプレートによって覆われており、かなり丈夫です。


背面部


電源スイッチと接続用のUSB-C端子。


裏面はこんな感じ。ゴム製のすべり止めがついています。角度をつけるための繰り出し式の足はありません。


左側面


右側面


角度を計測してみたところ、5度でした。


MS KEYS S本体と一緒に小箱が入っていました。PCにLogiBoltで接続するためのUSBドングルが突き刺さっています


同梱物はUSBドングルと、説明書や保証書、USB-Cケーブルでした。


MX KEYS Sは税込1万9690円で、ロジクール公式ストアで注文可能。また、Amazon.co.jpでも取り扱われており、記事作成時点では税込1万7900円で注文できます。

Amazon.co.jp: ロジクール MX KEYS S ワイヤレス キーボード KX800sGR Bluetooth Logi Bolt Unifying非対応 Smart Actions 対応 Windows Mac Chrome Android FLOW Easy-Switch 無線 薄型 ワイヤレスキーボード 充電式 KX800s グラファイト 国内正規品 : パソコン・周辺機器


・つづき
ロジクールの高機能ワイヤレスキーボード「MX KEYS S」セットアップレビュー、ボタン一発で複雑な操作ができ作業効率大幅アップ「Smart Actions」にも対応 - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
カタカタという音としっかりしたタッチが気持ちいいロジクールのワイヤレスメカニカルキーボード「MX Mechanical」と高機能ワイヤレスマウス「MX Master 3S」レビュー - GIGAZINE

テンキーレスで超コンパクトになった70%サイズのワイヤレスキーボード「ロジクール MX Keys Mini」レビュー - GIGAZINE

1キーで3端末との接続を切り替えられテンキーなしでコンパクトなワイヤレスメカニカルキーボード「SIGNATURE K855」レビュー - GIGAZINE

ドバァと飲み物をぶっかけてしまっても心配無用、水洗いして汚れを落とせる「Logicool Washable Keyboard K310」を実際に丸洗いしてみた - GIGAZINE

適度なフィット感と抜群の安定感であらゆるシーンに適用するワイヤレスゲーミングヘッドセット「ロジクールG ASTRO A30」外観レビュー - GIGAZINE

in レビュー,   ハードウェア,   動画, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.