試食

実測500gの重量級バーガー「ストロング ザ・ワンパウンダー」をバーガーキングで食べてきた


バーガーキングから、直火焼きビーフパティ4枚を重ねた「ワンパウンダー」シリーズの新作として、特製旨辛スパイシーソースを使った「ストロング ザ・ワンパウンダー」が2023年4月28日(金)から登場したので、さっそく食べに行ってきました。

総カロリー1,209kcal 総重量461g 超大型バーガー『ストロング ザ・ワンパウンダー』登場!直火焼きビーフ4枚に特製旨辛スパイシーソースで最後の一口まで止まらない旨さ!
https://www.burgerking.co.jp/#/campaignDetail/1400


2023年の「ワンパウンダー」シリーズは今回の「ストロング ザ・ワンパウンダー」が2品目。1つ目は2月に発売された「キング・イエティ ザ・ワンパウンダー」です。

4枚の肉厚ビーフパティをとろっとチーズと共にこれでもかと食らうバーガーキング「キング・イエティ ザ・ワンパウンダー」試食レビュー - GIGAZINE


バーガーキングに到着。


調理時間は5分強でした。このバーガーには「STRONG」というミニステッカーが付属します。


トレイを持った時点でずっしりと重く、はかりで実測したところ重量は500g。ニュースリリースでは総重量461gとのことでしたが、スペックを上回ってきました。


包みを開くと直火焼きビーフパティを4枚使用した巨大バーガーがお目見え。


パティの上にはスライス玉ねぎとチーズ、特製旨辛スパイシーソース。具材はわりとオーソドックスなハンバーガーのように思えます。


ぐっと手に持つとこんな感じ。片手だと重量バランスが保てないので崩壊の危険があります。


断面。みっちりとパティが詰まっていて見えにくいのですが、2枚目と3枚目のパティの間にはピクルスがサンドされています。


食べてみると、見た目通り、まず口の中に肉の味わいがぶわっと広がります。その肉に溺れそうになったところにやってくるのがスパイシーソースのヒリヒリとする辛さ。強い肉の素材の味に、ソースが巧みに絡み合っていき、口の中でいい感じのバランスに落ち着きます。それでも肉が強いなぁと思っているところへ顔を出すのが玉ねぎのシャキシャキとした食感。そして忘れたころに一瞬だけピクルスが全力で駆け抜けていきます。

総じて「肉塊を食べている」という印象ではあるものの、ソースや具材が巧みに肉をもり立てていて、とてもバランスのいいハンバーガーだと感じました。

なお、価格は単品で税込1840円、セットだと税込2140円。摂取カロリーは1つで1209kcalです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「限界ギリギリの辛さ」とアピールされるバーガーキングの「チキンナゲット極辛Z」を食べてみたものの辛味が弱くて少し残念 - GIGAZINE

バーガーキングの「社運をかけた大勝負」ジューシーな100%ビーフパティと特製オーロラソースが相性抜群な「BigBet(ビッグベット)」を食べてみた - GIGAZINE

特大パティと大量のチーズを豪快に挟んだバーガーキングの「チーズバーガー・ゲレンデ」全3種を食べてみた - GIGAZINE

単品1600円・総カロリー1498kcalのバーガーキング「超ワンパウンドビーフ チーズバーガー」はかんでもかんでも肉が減らない圧倒的ボリューム - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 試食, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.