サイエンス

NASAの月面着陸ミッション「アルテミス計画」で宇宙飛行士が着用する次世代宇宙服のプロトタイプが公開される


宇宙飛行士が国際宇宙ステーション(ISS)の船外や月面などで安全に活動するためには、専用の宇宙服を着用する必要があります。約40年にわたりアメリカ航空宇宙局(NASA)の宇宙服は同じタイプが使用されてきましたが、新たにNASAが民間の宇宙インフラストラクチャー開発企業・Axiom Spaceと提携して開発した、月面着陸ミッションのアルテミス計画で使用される宇宙服のプロトタイプを公開しました。


Spacesuit for NASA’s Artemis III Moon Surface Mission Debuts | NASA
https://www.nasa.gov/feature/spacesuit-for-nasa-s-artemis-iii-moon-surface-mission-debuts

Axiom Space reveals next-generation spacesuit for astronauts returning to lunar surface — Axiom Space
https://www.axiomspace.com/press-kit/axemu

NASA and Axiom Space Do a Partial Reveal of the Spacesuit That Will be Worn on the Moon - Universe Today
https://www.universetoday.com/160553/nasa-and-axiom-space-do-a-partial-reveal-of-the-spacesuit-that-will-be-worn-on-the-moon/

NASAは2025年に予定されている有人月面探査ミッション「Artemis III(アルテミス3)」で、宇宙船を月の南極付近に着陸させる予定であり、史上初めて女性および有色人種の宇宙飛行士を月面に着陸させるとしています。最後に人間が月面に降り立ったのは、1972年のアポロ17号によるミッションまでさかのぼり、実に50年以上の時を経て人間が再び月面へ降り立つことが期待されています。

しかし、NASAが使用する宇宙服は約40年にわたり同じタイプが使われ続けており、2017年の時点で約40年使われている宇宙服が11着もあったことが報告されています。そこでNASAは、民間宇宙ステーションのミッションも手がけるAxiom Spaceと提携し、アルテミス計画用の新たな宇宙服を開発。アメリカ・テキサス州ヒューストンのジョンソン宇宙センターで開催されたイベントで、Axiom Spaceの新型宇宙服「Axiom Extravehicular Mobility Unit (AxEMU/Axiom船外活動ユニット)」のプロトタイプが公開されました。

実際に公開されたAxEMUのプロトタイプが以下。実際に宇宙空間で着用する宇宙服は、熱を反射して宇宙飛行士を高温から保護するために外層が白色となりますが、イベントでは独自のデザインを隠すために展示目的のカバーをかぶせたとのこと。


NASAがYouTubeで公開しているイベント動画の21分56秒~で、AxEMUを着用した人物が動いている様子を見ることができます。
NASA, Axiom Space Reveal Artemis III Moon Mission Spacesuit Prototype (Official Broadcast) - YouTube


AxEMUを着用した男性がステージの中央まで歩いてきました。


宇宙服を着ると動きが鈍くなってしまうイメージがありましたが、AxEMUを着た男性は司会と拳を合わせるなど、かなり滑らかに動いている様子。


観客に向けて軽く手を振ったり、指を曲げ伸ばししたりするしぐさも見せました。ヘルメットには影のある場所や夜間の作業を助けるライトやHDカメラが含まれており、透明のカバーが顔の横まで覆っているため広い視野が確保されています。


AxEMUはワンピースのような上下一体の構造となっており、宇宙飛行士は背中にあるハッチからAxEMUに入ることが可能。


背負っているポータルブル生命維持システムは空調および呼吸用の空気、食物、水など宇宙空間において生命を維持するために必要なシステムを提供します。


腕と脚には多くの可動性関節があり、宇宙飛行士の体にフィットしたサイズに取り替えることもできるとのこと。脚の関節はスクワットできるほどの可動性があります。


ひざまずいて地上の石を拾うような動作も可能です。ジョンソン宇宙センターのVanessa Wyche所長は、「私たちにはスペースシャトル計画で設計された宇宙服以降、40年間も新しい宇宙服がありませんでした」「Axiom SpaceはNASAが提供したデータや研究結果を基に、より機能的な宇宙服を開発しました。私たちはこれからも安全な宇宙服を作るためにAxiom Spaceと協力していきます」とコメントしました。


Axiom Spaceの船外活動担当副プログラムマネージャーであるRussell Ralston氏は、「これはアポロ計画の宇宙服と比べて大きく改善されています」「アルテミス計画の宇宙飛行士はより快適で動きやすく、手を伸ばして石を拾ったりすることが簡単になります」と述べています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
宇宙服なしで宇宙空間に放り出されると人間の体はどうなるのか? - GIGAZINE

NASAが広い可動域を持ちフリーサイズな新型宇宙服「xEMU」を公開 - GIGAZINE

映画「2001年宇宙の旅」のようなデザインのNASA新型宇宙服が登場 - GIGAZINE

イーロン・マスク氏がSpaceXで使用する宇宙服の写真を公開 - GIGAZINE

SpaceXの宇宙服の構造を国際宇宙ステーションに滞在中の野口聡一さんが解説 - GIGAZINE

NASAの開発した新型宇宙服向け技術は更年期障害の症状を軽減するかもしれない - GIGAZINE

火星への旅行や滞在は人間の心身にどんな影響を及ぼすのか? - GIGAZINE

月を歩いて一周するにはどれほどの時間がかかるのか? - GIGAZINE

in サイエンス,   動画, Posted by log1h_ik

You can read the machine translated English article here.