ソフトウェア

MicrosoftがMicrosoft 365用のGPT-4を搭載した新しいAIツールをまもなく発表と報じられる


2023年3月14日(火)にOpenAIは大規模言語モデル「GPT-4」を発表しました。そんなOpenAIとパートナーシップ関係にあるMicrosoftが現地時間2023年3月16日(木)にMicrosoft 365用のGPT-4を搭載した新しいAIツールと機能を発表するとみられています。

Microsoft to Unveil GPT-4 Tools for Office 365 This Week: Report • iPhone in Canada Blog
https://www.iphoneincanada.ca/news/microsoft-to-unveil-gpt-4-tools-for-office-365-this-week-report/

2023年3月14日にOpenAIが発表したGPT-4は、テキストだけでなく画像の入力も受け付ける「マルチモーダルAI」として開発されており、GPT-4の性能は従来のGPT-3.5だけでなく、既存のAIを大きく上回っているとされています。GPT-4は「人間用の司法試験を解く」「人間からの命令に従ってプログラミングを行う」などの高い性能を発揮し、MicrosoftはGPT-4を「初代iPhoneと同等の衝撃」と評しています。

「GPT-4」発表、司法試験上位10%&日本語でもめちゃくちゃ高性能&画像処理もプログラミングも可能で「初代iPhoneと同等の衝撃」とも評される - GIGAZINE


OpenAIとパートナーシップ関係にあるMicrosoftは、「Bingに統合したチャットAIがGPT-4」であることを明かし、ユーザーはGPT-4の正式発表の前にGPT-4を利用したAIツールを使用していたことが明らかになりました。

人気急増のBingが利用しているAIは「GPT-4」だったとMicrosoftが明かす - GIGAZINE


さらにMicrosoftはMicrosoft 365用のGPT-4を搭載したAIツールと機能を現地時間2023年3月16日に発表する準備を進めているとされています。しかし、GPT-4のような次世代のAIツールに関する作業は大量のリソースを消費します。そこで、MicrosoftではGPT-4搭載のBingやMicrosoft 365の開発に必要な容量を維持するために、2022年後半からチーム間でGPUやその他のハードウェアへのアクセスを分け合ってきたとのこと。


Microsoftが「AIツールを搭載したMicrosoft 365」について発表する予定であることは2023年2月に報じられており、その際に追加される機能として、Outlookには「検索結果の改善」「電子メールにおける適切な返信の提案」といった機能が追加され、Wordには「ユーザーの書いた文章を適宜修正・改善する機能」、PowerPointには「グラフ自動生成機能」が追加される予定であることが示されていました。

MicrosoftがAIを用いた「メールの返信内容提案」「文章自動修正」「グラフ自動生成」などの機能をOfficeに追加予定との報道 - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
MicrosoftがAIを用いた「メールの返信内容提案」「文章自動修正」「グラフ自動生成」などの機能をOfficeに追加予定との報道 - GIGAZINE

「GPT-4」発表、司法試験上位10%&日本語でもめちゃくちゃ高性能&画像処理もプログラミングも可能で「初代iPhoneと同等の衝撃」とも評される - GIGAZINE

Microsoftが「AI技術のリスクを警告するチーム」をクビにしたことが判明 - GIGAZINE

人気急増のBingが利用しているAIは「GPT-4」だったとMicrosoftが明かす - GIGAZINE

「Microsoft Teams 無料版 (クラシック)」廃止、ユーザーデータは有料版に移行しない場合は全消去 - GIGAZINE

Googleの機械学習プラットフォーム「Vertex AI」が過去最大のアップグレードでジェネレーティブAIをサポート - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by log1r_ut

You can read the machine translated English article here.